徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2008/ドイツ言語文化研究III (その1)

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
167725
EOID
397340
Map
0
LastModified
2008年2月14日(木) 11:20:00
Operator
川上 三郎
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員長]/[徳島大学.総合科学部]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 総合科学部 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2008年 (平成 20年)
名称 必須 (日) ドイツ言語文化研究III (その1) / (読) どいつげんごぶんかけんきゅう
コース 必須
  1. 2008/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.欧米言語コース.言語表現サブコース]/[学士課程]
  2. 2008/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.欧米言語コース.言語コミュニケーションサブコース]/[学士課程]
担当教員 必須
  1. 川上 三郎
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) 日独文化交流史の一側面として,第一次大戦時の俘虜収容所の実態を知る.

概要 必須

(日) 俘虜収容所での捕虜の活動,管理者側の考え方と行動,および一般的な日本人の見方や反応などを調べる.

キーワード 推奨
  1. (日) 日独文化交流史
  2. (日) 第一次世界大戦
  3. (日) 捕虜
先行科目 推奨
関連科目 推奨
  1. ドイツ言語文化研究I (その1)([2008/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.欧米言語コース.言語表現サブコース]/[学士課程]]/[2008/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.欧米言語コース.言語コミュニケーションサブコース]/[学士課程]]/[2008/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.文化情報サブコース]/[学士課程]])
    関連度 任意 0.500000
  2. ドイツ言語文化研究I (その2)([2008/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.欧米言語コース.言語表現サブコース]/[学士課程]]/[2008/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.欧米言語コース.言語コミュニケーションサブコース]/[学士課程]]/[2008/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.文化情報サブコース]/[学士課程]])
    関連度 任意
  3. ドイツ言語文化研究II (その1)([2008/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.欧米言語コース.言語表現サブコース]/[学士課程]]/[2008/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.欧米言語コース.言語コミュニケーションサブコース]/[学士課程]])
    関連度 任意
  4. ドイツ言語文化研究II (その2)([2008/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.欧米言語コース.言語表現サブコース]/[学士課程]]/[2008/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.欧米言語コース.言語コミュニケーションサブコース]/[学士課程]])
    関連度 任意
注意 任意

(日) 特になし.

目標 必須
  1. (日) 捕虜の多彩な活動と日本側に及ぼした影響について理解する.

計画 必須
  1. (日) 概説

  2. (日) 時代背景

  3. (日) 各地の収容所の概観

  4. (日) 日本側の捕虜に対する考え方(軍部,新聞,一般人

  5. (日) 松山収容所(その1)概観

  6. (日) 松山収容所(その2)捕虜たちの活動

  7. (日) 丸亀収容所(その1)概観

  8. (日) 丸亀収容所(その2)捕虜たちの活動

  9. (日) 徳島収容所(その1)概観

  10. (日) 徳島収容所(その2)捕虜たちの活動

  11. (日) 徳島収容所(その3)日本人との交流

  12. (日) 板東収容所(その1)概観

  13. (日) 板東収容所(その2)捕虜たちの活動

  14. (日) 板東収容所(その3)捕虜たちの活動

  15. (日) 板東収容所(その4)日本人との交流

  16. (日) まとめ

評価 必須

(日) 出席とレポートで評価します.

再評価 必須

(日) レポート再提出のかたちで行ないます.

教科書 必須
  1. (日) 教科書は使わず,授業はすべてプリントで行ないます.

参考資料 推奨
  1. (日) 参考図書は授業中に,そのつど紹介します.

URL 任意
連絡先 推奨
  1. 川上 三郎
    オフィスアワー 任意

    (日) 水曜日 10時30分∼12時

科目コード 推奨
備考 任意