徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2008/生活と社会/財政学入門

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
166894
EOID
389821
Map
0
LastModified
2008年1月12日(土) 09:42:08
Operator
三好 康夫
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[センター長]/[徳島大学.全学共通教育センター]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 全学共通教育 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2008年 (平成 20年)
名称 必須 (英) Living and Society / (日) 生活と社会 / (読) せいかつとしゃかい
題目 必須 (英) Introduction to Public Finance / (日) 財政学入門
形態 推奨
  1. 講義
コース 必須
  1. 2008/[徳島大学]/教養科目群/[共通教育]
担当教員 必須
  1. 石田 和之
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) わが国の財政事情を理解し, 財政学の考え方の初歩を知る.

概要 必須

(日) わが国の財政事情を紹介するとともに,財政状態を分析・評価するための考え方の基礎を講じる.財政学は,国の財布をいかにコントロールするかを考える学問である.財政学の対象は幅広いが,主要なトピックを選んで講義を行う.財政学という学問は,ほとんどの受講生にとって初めて聞く分野であろう.しかしながら,そこで扱われる内容は私たちの経済生活に直接かかわりのあるものばかりである.私たちの生活は,たとえ望んでいなくても,国家の経済活動との関わりを避けることはできない.納税を逃れることは出来ないし,年金制度や医療制度に依存しない生活を送る人はほとんどいないであろう.学生時代にまったく財政学に興味を持たなかった人たちが,卒業して就職(そして,税金や社会保険料を自分の給料,報酬から納める)すると,財政学に興味を持ち始める.また,企業を行う人も,法人税を納めるし,キャピタル・ゲインや配当を得た場合にも所得税を納める.どうせ卒業後に興味をもつことになるのであれば,在学中に財政学に触れておいても良いのではないか.

キーワード 推奨
  1. (日) 税
  2. (日) 費用便益分析
  3. (日) 財政政策
  4. (日) 予算
  5. (日) 政府
先行科目 推奨
関連科目 推奨
  1. 生活と社会/財政制度入門([2008/[徳島大学]/教養科目群/[共通教育]])
    関連度 任意 1.000000
注意 任意
目標 必須
  1. (日) 財政学の基本的な考え方を理解する

計画 必須
  1. (英) Pablic Finance in Japan

    (日) わが国の財政状況

  2. (英) public finance and the role of the government

    (日) 財政学と政府の役割

  3. (英) budget system

    (日) 予算制度

  4. (英) theory of public goods

    (日) 公共財の理論

  5. (英) theory of public choice

    (日) 公共選択論

  6. (英) public expenditure and CB analysis

    (日) 公共支出と費用便益分析

  7. (英) optimal taxation

    (日) 最適課税論

  8. (英) midterm exam

    (日) 中間試験

  9. (英) income taxation

    (日) 所得税

  10. (英) corporate taxation

    (日) 法人税

  11. (英) commodity taxation

    (日) 消費税

  12. (英) public debt

    (日) 公債

  13. (英) social security

    (日) 社会保障

  14. (英) fiscal policy

    (日) 財政政策

  15. (英) final exam

    (日) 定期試験

評価 必須

(日) 定期試験60%,中間試験30%,その他10%

再評価 必須

(日) なし

教科書 必須
  1. (日) 講義中に適宜紹介する

参考資料 推奨
  1. (日) 講義中に適宜紹介する

URL 任意 http://www.geocities.jp/zaiseigakulab/nyuumon.html
連絡先 推奨
  1. (日) 石田和之·(総合科学部)1号館2階財政学研究室·088-656-7169·k-ishida@ias.tokushima-u.ac.jp
    オフィスアワー 任意

    (日) 月曜日5·6講時

科目コード 推奨
備考 任意