徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2008/歴史と文化/方言と社会

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
166832
EOID
392947
Map
0
LastModified
2008年1月24日(木) 20:52:38
Operator
岸江 信介
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[センター長]/[徳島大学.全学共通教育センター]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 全学共通教育 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2008年 (平成 20年)
名称 必須 (英) History and Culture / (日) 歴史と文化 / (読) れきしとぶんか
題目 必須 (英) Japanese Dialects and Society / (日) 方言と社会
形態 推奨
コース 必須
  1. 2008/[徳島大学]/教養科目群/[共通教育]
担当教員 必須
  1. 岸江 信介
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) ことばと地域,ことばと社会のそれぞれの関わりという点から考え,方言の特色について学ぶ.自分がこれまでに使ってきたことばについて振り返り,ことばに対する興味をさらに深めていただきたい.

概要 必須

(日) 日本の諸方言の分布について言語地図を紹介しながら概説する.日本の東西方言の違いを具体例をあげて解説し,このような違いがどうしておきたか,考える.方言と社会の関連で社会言語学について概観する.

キーワード 推奨
先行科目 推奨
関連科目 推奨
注意 任意

(日) 授業への出席を重視する.ことばに対する質問などをカードに記載し,提出してもらうことがある.自分のことばを振り返るために談話資料の 作成をレポートとして課する.

目標 必須
  1. (日) 1.日本の諸方言について学習する.

  2. (日) 2.方言と社会とのかかわりについて学ぶ.

計画 必須
  1. (日) 方言とは何か.方言の成立について考える.

  2. (日) 方言は消滅するか.危機言語について考える.

  3. (日) 日本の方言について考える(1)-東西方言の対立-

  4. (日) 日本の方言について考える(2)-方言の地理的分布-

  5. (日) 日本の方言について考える(3)-全国各地のアクセント概観-

  6. (日) 方言と社会(1)---方言と社会言語学-

  7. (日) 方言と社会(2)-方言の世代差-

  8. (日) 方言と社会(3)-方言の男女差-

  9. (日) 方言と社会(4)-地域差との比較-

  10. (日) 談話資料にみることばの地域差

  11. (日) 談話資料にみることばの男女差

  12. (日) 談話資料にみる世代差

  13. (日) 談話資料の収集方法

  14. (日) 談話資料の作成について-説明1-

  15. (日) 談話資料の作成について-説明2-

  16. (日) まとめ

評価 必須

(日) 出席(30%),レポート(60%),ミニ調査(10%)の割合で評価する. *ミニ調査とはインターネットや図書館などで用語調べや資料収集 を行うこと.

再評価 必須
教科書 必須
  1. (日) 特に指定しない.随時プリントを配布する.

参考資料 推奨
URL 任意
連絡先 推奨
  1. 岸江 信介
    オフィスアワー 任意

    (日) 火曜日12時∼13時 総合科学部1号館中棟3階(2307)

科目コード 推奨
備考 任意