徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2008/共創型学習/空海と歩く∼歩き遍路の世界

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
166821
EOID
389625
Map
0
LastModified
2008年1月12日(土) 09:37:20
Operator
三好 康夫
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[センター長]/[全学共通教育センター]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 全学共通教育 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2008年 (平成 20年)
名称 必須 (英) Creativity Development / (日) 共創型学習 / (読) きょうそうがたがくしゅう
題目 必須 (英) Walk with Kukai (World of Henro on Foot) / (日) 空海と歩く∼歩き遍路の世界
形態 推奨
  1. 講義および演習
コース 必須
  1. 2008/[徳島大学]/社会性形成科目群/[共通教育]
担当教員 必須
  1. 田中 俊夫([徳島大学.人と地域共創センター])
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) 88ヶ寺を巡る四国遍路は四国固有の文化として何百年にも渡って,形を変えながら,継承されてきた.この四国遍路を世界遺産として申請しようという活動も始まっている.車遍路が全盛の今日にあって,また「歩き遍路」が見直されてきている.特に若者が急増しているのである.遍路の文化と歴史を知り,そしてなぜ今歩くのか,その意味を考え,さらには実際の遍路体験の中から自分自身に起こる変化を体験してみよう.またグループ活動として遍路に関わるレポートテーマを決め,調べてまとめ,発表する.

概要 必須

(日) 「歩き遍路」をテーマにした授業であるから,「歩く」ということと「遍路から学ぶ」を2本の柱として授業を組み立てる. 「歩く」トレーニングでは,実際のウォーキングと歩数計を使った仮想遍路旅を行う. 「遍路から学ぶ」では,歩き遍路に関連するテーマをグループ毎に設定し,文献調査や実地調査を行い,クラスで報告する. 両者の融合として,実際の歩き遍路を体験する.また,実際に歩き遍路を行っている社会人との合同授業も行う.

キーワード 推奨
  1. (日) 歩き遍路
  2. (日) 空海
  3. (日) ウォーキング
  4. (日) 健康
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 健康 (health)
    [キーワード] 健康増進 (health promotion)
    [キーワード] 心身健康 (psychosomatic health)
  5. (日) 自分探し
先行科目 推奨
関連科目 推奨
注意 任意

(日) 歩き遍路体験などは日曜·祝日などを利用して実施します.

目標 必須
  1. (日) 歩き遍路1日体験をやり遂げる.遍路についての知識を身につける.仲間と協力してレポートを作成し,発表する.

計画 必須
  1. (日) オリエンテーション,歩き遍路とは

  2. (日) 歩き遍路に必要なトレーニング

  3. (日) 歩き遍路ミニ体験

  4. (日) レポートテーマの検討

  5. (日) レポートプレゼンテーション

  6. (日) 住職の講話を聞く

  7. (日) 歩き遍路の体験者と一緒にトレーニング

  8. (日) 歩き遍路1日体験

評価 必須

(日) グループレポート(20点),出席状況・授業に対する熱意(30点),ウォーキング実践(10点),歩き遍路体験(15点),期末レポート(20点)

再評価 必須

(日) なし

教科書 必須
参考資料 推奨
  1. (日) 参考図書を紹介する

URL 任意
連絡先 推奨
  1. (日) 田中俊夫(徳島大学 大学開放実践センター,tanaka@cue.tokushima-u.ac.jp)
    オフィスアワー 任意
科目コード 推奨
備考 任意