徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2008/歴史と文化/日本古代文学Ⅰ

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
166805
EOID
396912
Map
0
LastModified
2008年2月12日(火) 17:19:39
Operator
堤 和博
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[センター長]/[徳島大学.全学共通教育センター]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 全学共通教育 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2008年 (平成 20年)
名称 必須 (英) History and Culture / (日) 歴史と文化 / (読) れきしとぶんか
題目 必須 (英) Ancient Japanese Literature 1 / (日) 日本古代文学Ⅰ
形態 推奨
  1. 講義
コース 必須
  1. 2008/[徳島大学]/教養科目群/[共通教育]
担当教員 必須
  1. 堤 和博([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.社会総合科学域.国際教養系.日本・アジア分野]/[徳島大学.総合科学部.社会総合科学科.国際教養コース])
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) これからの人生を送っていくなかで,種々多様な文学作品に接することは,色々な面において有意義なものとなるはずである.しかし,日本古典文学作品を読むとすると,言葉が現代語と違うのは勿論のこと,何かと取り付きにくいものである.そこで,日本古典文学史上の著名な作品の一つである『蜻蛉日記』を取り上げ,古典文学作品読解の基本を身につけることを目的とする.以上のことに加え,文章力を養うことも目的とする.

概要 必須

(日) 文学作品の読解とは表面上の意味を読み取る(古典で言えば単に現代語訳する)だけではすまされないのは勿論である.作品の成立した過程やその時代の状況などを考慮に入れながら,作者が真に訴えたかったことを慎重に読み取っていかなくてはならない. 藤原道綱母の作である『蜻蛉日記』については,夫兼家との不如意な結婚生活を赤裸々に綴った作品であるとの知識をもっている人も多いと思う.それはそれで間違いではないのであるが,『蜻蛉日記』という作品にはそのような説明では覆い尽くせないような様々な要素・性質も含まれているのである.そんな要素・性質は,いかなる考察過程を経れば導き出せるのか,解説していく.文学作品を読む本当のおもしろさと,むずかしさを同時に学んでほしい.

キーワード 推奨
  1. (日) 蜻蛉日記
  2. (日) 日本古典文学
  3. (日) 日本古代史
先行科目 推奨
関連科目 推奨
  1. 歴史と文化/古代・中世日本の社会([2008/[徳島大学]/教養科目群/[共通教育]])
    関連度 任意
  2. 歴史と文化/日本の古代史([2008/[徳島大学]/教養科目群/[共通教育]])
    関連度 任意
注意 任意

(日) 特に歴史に関する事柄は欠かさず聴講しないと理解しにくいので,やむを得ず欠席した場合は,個別に質問に来ること.なお,数度以上無断で欠席した者は,受講の意志を無くしたものとみなす.

目標 必須
  1. (日) 『蜻蛉日記』成立頃の時代や登場人物の状況を把握した上で『蜻蛉日記』を読解する過程及び結果が理解できる.

  2. (日) 理解した内容をわかりやすく文章化できる.

計画 必須
  1. (日) 『蜻蛉日記』成立頃までの日本史概観(1)

  2. (日) 『蜻蛉日記』成立頃までの日本史概観(2)

  3. (日) 『蜻蛉日記』の日本文学史上における位置(1)

  4. (日) 『蜻蛉日記』の日本文学史上における位置(2)

  5. (日) (以下から読解に入る)『蜻蛉日記』読解(1)

  6. (日) 『蜻蛉日記』読解(2)

  7. (日) 『蜻蛉日記』読解(3)

  8. (日) 『蜻蛉日記』読解(4)

  9. (日) 『蜻蛉日記』読解(5)

  10. (日) 『蜻蛉日記』読解(6)

  11. (日) 『蜻蛉日記』読解(7)

  12. (日) 『蜻蛉日記』読解(8)

  13. (日) 『蜻蛉日記』読解(9)

  14. (日) 『蜻蛉日記』読解(10)

  15. (日) まとめ

評価 必須

(日) 数度の小レポートと期末試験(記述式)の合計点に欠席状況(注)を加味する. 注·授業には出席するのが当然なので,出席しても加点しないが,欠席すると減点する.

再評価 必須

(日) 無

教科書 必須
  1. (日) 上村悦子著『蜻蛉日記(校注古典叢書)』 明治書院 1968年 2,400円

参考資料 推奨
  1. (日) 授業中に適宜配布,提示する.

URL 任意
連絡先 推奨
  1. 堤 和博([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.社会総合科学域.国際教養系.日本・アジア分野]/[徳島大学.総合科学部.社会総合科学科.国際教養コース])
    オフィスアワー 任意

    (日) 毎週 月曜日 10時10分から11時55分 国文学研究室(総合科学部1号館3階)

科目コード 推奨
備考 任意