徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [塩屋園 敦]/[大庭 康雄]/[金子 和之]/内田 玲子/[森山 啓司]/非接触型三次元顔面形状計測における頭位の影響に関する検討/Orthodontic Waves-Japanese Edition

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
166732
EOID
666379
Map
0
LastModified
2012年10月18日(木) 11:48:24
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[科長]/[徳島大学.病院.診療科.矯正歯科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 日本語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 日本矯正歯科学会
著者 必須
  1. 塩屋園 敦
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 大庭 康雄
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 金子 和之
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (英) Uchida Ryoko / (日) 内田 玲子 / (読) うちだ りょうこ
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 森山 啓司
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Influence of head position on measurement of facial morphology by three-dimensional non-contact scanner

(日) 非接触型三次元顔面形状計測における頭位の影響に関する検討

副題 任意
要約 任意

(英) To examine the influence of head position on the accuracy of facial anthropometric measurements acquired by three-dimensional (3D) photogrammetry, we compared the measurement data obtained from a non-contact 3D image scanner (Danae 200) in various head positions versus direct anthropometry with calipers. The mannequin head postures that served to simulate the human position were calculated as axial rotation and anterior-posterior translation at four different angulations: 0, 5, 10, and 15 degrees. Sixteen standard facial measurements on the mannequin head were repeatedly obtained using the calipers and 3D photos, and these data were then statistically analyzed. With the exception of nose width, no statistically significant difference between the 3D image data and direct anthropometry was noted for all 15 measurements at 0-degree angulation. When the head was positioned at 15 degrees as anterior translation, the measurement point of mandibular angle was not detected in the 3D images. As for axial rotation at 10 degrees, the regions of ear and mandibular angle were also not determined. However, for each head position in the other angulation conditions, the same registrations in all facial anthropometric measurements were revealed. These results indicate that the measurement data acquired by noncontact 3D photogrammetry are sufficiently accurate and would not be significantly affected by changes of head position.

(日) 本研究の目的は,非接触型三次元形状計測装置による顔面形状計測時の頭位が計測結果に及ぼす影響を検討することである.体動の影響を排除するためマネキンを計測対象として用い,顔面上の14か所の計測点から構成される16の計測項目を設定した.マネキンを非接触型三次元形状計測装置内部に設置し,基底部が装置床面に対して水平となるような基準位置を設定した.頭位を基準位置から前後左右にそれぞれ5度間隔で最大15度まで変化させ,各頭位で三次元撮影を行った.計測点間の距離実測はデジタル式ノギスで,三次元距離計測は三次元形状解析ソフトで各3回行い,多重比較検定にて比較した.マネキンにおける実測値と三次元距離計測値の比較では,鼻幅の三次元距離計測値は実測値と比較して0.86∼1.36mmの範囲で有意に小さい値を示したが,他の計測項目では有意差を認めなかった.また,三次元距離計測群において,基準位置群と頭位変化群で比較した結果,両群間に有意差を認めなかった.しかし,頭位か15度前傾すると下顎角部を含む項目が,また左右への回転が10度を超えると下頭角部や耳部を含む項目がそれぞれ計測不可能となった.以上のことから,非接触型三次元形状計測装置による計測結果は,十分な計測精度を有しており,頭位の影響を比較的受けにくいことが示唆された.

キーワード 推奨
  1. (日) 非接触三次元形状計測
  2. (日) 顔面計測
  3. (日) 頭位
発行所 推奨 (英) Japanese Orthodontic Society / (日) 日本矯正歯科学会
誌名 必須 (英) Orthodontic Waves-Japanese Edition
ISSN 任意 1349-0303
ISSN: 1349-0303 (pISSN: 1349-0303)
Title: Orthodontic waves : 日本矯正歯科学会雑誌
Supplier: 日本矯正歯科学会
 (Webcat Plus  (医中誌Web (No Scopus information.)
必須 66
必須 3
必須 134 142
都市 任意
年月日 必須 2007年 10月 25日
URL 任意 http://ci.nii.ac.jp/naid/110006633911/
DOI 任意
PMID 任意
NAID 任意 110006633911
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意