徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: Kato Hitoshi/Nomura Kyoko/Osabe Dai/Shinohara Shuichi/Mizumori Osamu/Katashima Rumi/Iwasaki Shoji/Nishimura Koichi/Yoshino Masayasu/Kobori Masato/Ichiishi Eiichiro/Nakamura Naoto/[吉川 敏一]/[棚橋 俊仁]/Keshavarz Parvaneh/Kunika Kiyoshi/[森谷 眞紀]/[工藤 英治]/Tsugawa Kazue/Takata Yoichiro/Hamada Daisuke/[安井 夏生]/Miyamoto Tatsuro/[塩田 洋]/[井上 寛]/[板倉 光夫]/Association of single nucleotide polymorphisms in the suppressor of cytokine signaling 2 (SOCS2) gene with type 2 diabetes in the Japanese./[Genomics]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
166272
EOID
726026
Map
0
LastModified
2014年2月28日(金) 15:08:33
Operator
三木 ちひろ
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
安井 夏生
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.大学院ヘルスバイオサイエンス研究部(2004年4月1日〜2015年3月31日)
  2. 徳島大学.ゲノム機能研究センター(〜2008年3月31日/->組織[徳島大学.疾患プロテオゲノム研究センター])
著者 必須
  1. (英) Kato Hitoshi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Nomura Kyoko
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Osabe Dai
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (英) Shinohara Shuichi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. (英) Mizumori Osamu
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. (英) Katashima Rumi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. (英) Iwasaki Shoji
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. (英) Nishimura Koichi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. (英) Yoshino Masayasu
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  10. (英) Kobori Masato
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  11. (英) Ichiishi Eiichiro
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  12. (英) Nakamura Naoto
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  13. 吉川 敏一([京都府立医科大学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  14. 棚橋 俊仁
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  15. (英) Keshavarz Parvaneh
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  16. (英) Kunika Kiyoshi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  17. 森谷 眞紀(香川小児病院)
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  18. 工藤 英治
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  19. (英) Tsugawa Kazue
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  20. (英) Takata Yoichiro
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  21. (英) Hamada Daisuke
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  22. 安井 夏生
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  23. (英) Miyamoto Tatsuro
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  24. 塩田 洋
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  25. 井上 寛
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  26. 板倉 光夫
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Association of single nucleotide polymorphisms in the suppressor of cytokine signaling 2 (SOCS2) gene with type 2 diabetes in the Japanese.

副題 任意
要約 任意

(英) Several previous linkage scans in type 2 diabetes (T2D) families indicated a putative susceptibility locus on chromosome 12q15-q22, while the underlying gene for T2D has not yet been identified. We performed a region-wide association analysis on 12q15-q22, using a dense set of >500 single-nucleotide polymorphisms (SNPs), in 1492 unrelated Japanese individuals enrolled in this study. We identified an association between T2D and a haplotype block spanning 13.6 kb of genomic DNA that includes the entire SOCS2 gene. Evolutionary-based haplotype analysis of haplotype-tagging SNPs followed by a "sliding window" haplotypic analysis indicated SNPs that mapped to the 5' region of the SOCS2gene to be associated with T2D with high statistical significance. The SOCS2 gene was expressed ubiquitously in human and murine tissues, including pancreatic beta-cell lines. Adenovirus-mediated expression of the SOCS2 gene in MIN6 cells or isolated rat islets significantly suppressed glucose-stimulated insulin secretion. Our data indicate that SOCS2 may play a role in susceptibility to T2D in the Japanese.

キーワード 推奨
  1. (英) Adenoviridae
  2. (英) Adult
  3. (英) Animals
  4. (英) Case-Control Studies
  5. (英) Cell Line
  6. (英) Cell Line, Tumor
  7. (英) Cells, Cultured
  8. (英) Chromosome Mapping
  9. (英) Chromosomes, Human, Pair 12
  10. (英) Diabetes Mellitus, Type 2
  11. (英) Female
  12. (英) Glucose
  13. (英) Haplotypes
  14. (英) Humans
  15. (英) Insulin
  16. (英) Islets of Langerhans
  17. (英) Japan
  18. (英) Linkage Disequilibrium
  19. (英) Male
  20. (英) Mice
  21. (英) Mice, Inbred C57BL
  22. (英) Mice, Transgenic
  23. (英) Middle Aged
  24. (英) Models, Genetic
  25. (英) Polymorphism, Single Nucleotide
  26. (英) Radioimmunoassay
  27. (英) Rats
  28. (英) Reverse Transcriptase Polymerase Chain Reaction
  29. (英) Suppressor of Cytokine Signaling Proteins
発行所 推奨
誌名 必須 Genomics([Elsevier])
(pISSN: 0888-7543, eISSN: 1089-8646)
ISSN 任意 0888-7543
ISSN: 0888-7543 (pISSN: 0888-7543, eISSN: 1089-8646)
Title: Genomics
Title(ISO): Genomics
Publisher: Elsevier Inc.
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 87
必須 4
必須 446 458
都市 任意
年月日 必須 2006年 1月 10日
URL 任意
DOI 任意 10.1016/j.ygeno.2005.11.009    (→Scopusで検索)
PMID 任意 16406727    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意 000236681400002
Scopus 任意 2-s2.0-33645095759
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.Affiliation: Molecular Medicine Research Laboratories, Drug Discovery Research, Astellas Pharma, Inc., Tokyo, Japan.

  2. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Comparative Study

  3. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article

  4. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Research Support, Non-U.S. Gov't