徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [堀 均]/[宇都 義浩]/Koyama Daisuke/Otsuki Mamoru/Otomo Naoki/Shirai Tadashi/Abe Chiaki/[中田 栄司]/[永澤 秀子]/A chemical biosynthesis design for antiatherosclerosis drug by acyclic tocopherol intermediate analogue based on ``isoprenomics''/ISOTT2007 (2007 International Society on Oxygen Transport to Tissue Conference)

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
166063
EOID
476117
Map
0
LastModified
2009年11月10日(火) 15:22:28
Operator
山田 美緒
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
宇都 義浩
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 国際会議
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨 研究
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 生命情報工学(2006年4月1日〜2016年3月31日)
著者 必須
  1. 堀 均
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 宇都 義浩([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.生物資源産業学域.応用生命系.応用生物資源学分野]/[徳島大学.生物資源産業学部.生物資源産業学科.応用生命講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Koyama Daisuke
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《小山 大輔 (Koyama Daisuke) @ 工学研究科.博士前期課程 [大学院学生] 2005年4月〜2007年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  4. (英) Otsuki Mamoru
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《大津木 護 (Otsuki Mamoru) @ 先端技術科学教育部.博士前期課程 [大学院学生] 2006年4月〜2008年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  5. (英) Otomo Naoki
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《大友 直紀 (Otomo Naoki) @ 先端技術科学教育部.博士前期課程 [大学院学生] 2006年4月〜2008年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  6. (英) Shirai Tadashi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《白井 斉 (Shirai Tadashi) @ 工学部 [学部学生] 2003年4月〜2007年3月》
    《白井 斉 (Shirai Tadashi) @ 先端技術科学教育部.博士前期課程 [大学院学生] 2007年4月〜2009年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  7. (英) Abe Chiaki
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《阿部 千晶 (Abe Chiaki) @ 工学部 [特別聴講学生] 2007年5月〜2007年9月》
    《安部 千秋 (Abe Chiaki) @ 工学部 [学部学生] 2003年4月〜2007年3月》
    《安部 千秋 (Abe Chiaki) @ 先端技術科学教育部.博士前期課程 [大学院学生] 2007年4月〜2009年3月》
    《阿部 千晶 (Abe Chiaki) @ 工学部 [学部学生] 2008年4月〜2010年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  8. 中田 栄司
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. 永澤 秀子(岐阜薬科大学/->個人[紺世 秀子])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) A chemical biosynthesis design for antiatherosclerosis drug by acyclic tocopherol intermediate analogue based on ``isoprenomics''

副題 任意
要約 任意

(英) Tocopherols constitute members of the vitamin E group and act as a potent lipid peroxidation inhibitor against for cell membrane such as blood vessels. Phytyl quinols, namely acyclic tocopherols, are key intermediate of tocopherol biosynthesis, but their biological activities remain unclear. We therefore investigated the structure-activity relationship of phytyl quinols to apply chemical biosynthesis design for an antiatherosclerosis drug. We have achieved the biosynthesis-oriented design and synthesis of alpha- (TX-2254) and beta- (TX-2247) phytyl quinol as an unnatural intermediate, other gamma- (TX-2242) and delta- (TX-2231) phytyl quinol as a natural one. Free radical reactivity was determined by using DPPH radical. Inhibitory activity of human low density lipoprotein (LDL) oxidation was measured by TBARS assay. Free radical reactivity of TX-2242 (EC50 = 24.6 microM) and TX-2231 (24.2 microM) were equal with DL-alpha-tocopherol (22.3 microM), whereas TX-2254 (38.0 microM) and TX-2247 (30.2 microM) showed lower reactivity than DL-alpha-tocopherol. TX-2242 (IC50 = 61 microM) and TX-2231 (69 microM) also showed almost same LDL antioxidant activity as DL-alpha-tocopherol (64 microM), while TX-2254 (149 microM) and TX-2247 (254 microM) showed lower antioxidant activity than DL-alpha-tocopherol. We suggested from these results that the cyclization of phytyl quinol to tocopherol is not indispensable for the appearance of the potent antioxidant activity. We also have found an interesting negative correlation between methylation and antioxidant activity of phytyl quinols. We will present ex vivo antioxidant activity for blood vessels in the chick embryo chorioallantoic membranes (CAM) as an alternative in vivo model.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 (英) ISOTT2007 (2007 International Society on Oxygen Transport to Tissue Conference)
ISSN 任意
必須 ---
必須 ---
必須 ---
都市 必須 (英) Uppsala, Sweden
年月日 必須 2007年 8月 28日
URL 任意
DOI 任意
PMID 任意
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意