徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [谷岡 哲也]/Kawamura Ai/[松本 和幸]/Mifune Kazushi/Takasaka Yoichiro/[大坂 京子]/Ueno Shuichi/[ロクシン ロザーノ]/Kataoka Mutsuko/Matsuda Takuya/[任 福継]/[多田 敏子]/Outcome Management and Morphologic Variance Analysis Using PsychomsTM for Patient Care in Psychiatric Hospitals/IEEE NLP-KE2007

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
165402
EOID
752667
Map
0
LastModified
2014年10月29日(水) 16:16:54
Operator
松本 和幸
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
任 福継
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 国際会議
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨 研究
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.大学院ソシオテクノサイエンス研究部.情報ソリューション部門.感性情報処理(2006年4月1日〜2016年3月31日)
著者 必須
  1. 谷岡 哲也([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健学域.保健科学部門.看護学系.看護管理学]/[徳島大学.医学部.保健学科.看護学専攻.基礎看護学講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Kawamura Ai
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 松本 和幸([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.情報工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.情報工学講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (英) Mifune Kazushi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. (英) Takasaka Yoichiro
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 大坂 京子
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. (英) Ueno Shuichi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. ロクシン ロザーノ
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. (英) Kataoka Mutsuko
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  10. (英) Matsuda Takuya
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  11. 任 福継([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.情報工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.情報工学講座]/->個人[中川 福継])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  12. 多田 敏子
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Outcome Management and Morphologic Variance Analysis Using PsychomsTM for Patient Care in Psychiatric Hospitals

副題 任意
要約 任意

(英) In 2003, the Japanese government set an approximate goal of 72,000 social hospitalization in-patients being discharged in 10 years from psychiatric hospitals to the community. To meet this challenge, the clinical pathway (CP) is a useful model for managing the team's progress in providing health care services. High quality discharge planning for patients requires continuous refinement of CP including the collection and analysis of variance data, i.e., information not listed in the CP model. The purpose of this study is to analyze variance data gathered using PsychomsTM to find unidentified issues with keyword sorting (keyword variance analyses system) and text-mining (text mining variance analyses system). Using morphological analysis to detect word occurrences in variance data, it may be possible to identify problems needing solution by developing automatic rankings to analysis outcomes. To achieve this, however, specialized experience is required for variance analysis. Also, there must be high congruence between the results of text mining variance analyses and keyword variance analyses systems.

キーワード 推奨
発行所 推奨 IEEE
誌名 必須 (英) IEEE NLP-KE2007
ISSN 任意
必須 ---
必須 ---
必須 502 506
都市 必須 北京(Beijing/[中華人民共和国])
年月日 必須 2007年 8月 末日
URL 任意
DOI 任意
PMID 任意
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意