徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [湊 純子]/[松本 和幸]/[任 福継]/[黒岩 眞吾]/コーパスに基づく日英感情表現の分析/IEEE NLP-KE2007

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
165392
EOID
881866
Map
0
LastModified
2017年12月25日(月) 15:43:35
Operator
三好 小文
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
任 福継
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 国際会議
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨 研究
共著種別 推奨 国際共著(徳島大学内研究者と国外研究機関所属研究者との共同研究)
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.大学院ソシオテクノサイエンス研究部.情報ソリューション部門.感性情報処理(2006年4月1日〜2016年3月31日)
著者 必須
  1. 湊 純子
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 松本 和幸([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.情報工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.情報工学講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 任 福継([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.情報工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.情報工学講座]/->個人[中川 福継])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 黒岩 眞吾(千葉大学大学院 融合科学研究科)
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Corpus Based Analysis of Japanese-English Emotional Expressions

(日) コーパスに基づく日英感情表現の分析

副題 任意
要約 任意

(英) Development of information technology has increased the chances of interaction between human and computer. Understanding not only semantic information but also underlying emotion will make communication with computer more natural and congenial. As preliminary research for emotion estimation from multilingual text, we focused on emotion expressions of Japanese and English and created a corpus with about 1,200 bilingual sentences and tagged emotions on words and sentences. Based on the corpus, we statistically analyzed the characteristics of how emotions were expressed in each language and also the relationships between sentence emotion and word emotion in the sentence. The results show the characteristics of emotion expressions in Japanese and English dialogue sentences.

(日) 本論文では,独自に構築した日英対訳感情コーパスの分析について述べる.従来,翻訳に用いる対訳コーパスに付与されている情報として,その例文における著者・場面,カテゴリなどの属性情報が主であった.しかし,ビジネス文書においても,読み手にどのような印象を与えるかを考慮することが重要になってきている.コンピュータを用いて気軽に作文できるようになり,気軽にメールで相手に送信できてしまう現代社会でこそ,「気持ちを伝える」ための翻訳技術が重要となっている.本論文では,約1200文のバイリンガルコーパスを手作業により構築し,そのコーパスに付与した感情タグの傾向などを調査し,日英における感情表現の差異について分析する・

キーワード 推奨
  1. (英) bilingual corpus / (日) 多言語コーパス
  2. (英) parallel corpus / (日) 並行コーパス
  3. (英) emotion tagged corpus / (日) 感情タグ付きコーパス
発行所 推奨 IEEE
誌名 必須 (英) IEEE NLP-KE2007
ISSN 任意
必須 ---
必須 ---
必須 413 418
都市 必須 北京(Beijing/[中華人民共和国])
年月日 必須 2007年 8月 末日
URL 任意
DOI 任意 10.1109/NLPKE.2007.4368064    (→Scopusで検索)
PMID 任意
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意 2-s2.0-47749090495
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意