徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: Matsui Hiroko/Sakanashi Yoko/Nishimura Yumiko/Horimoto Kanna/[金丸 芳]/Ishida Shiro/Okano Yoshiro/[小山 保夫]/Cremophor EL modifies adriamycin-induced action on human leukemia K562 cells/[Natural Science Research]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
164852
EOID
684247
Map
0
LastModified
2013年4月11日(木) 22:56:50
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
小山 保夫
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(紀要その他)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨 研究
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.総合科学部.自然システム学科.生命科学講座(〜2009年3月31日)
著者 必須
  1. (英) Matsui Hiroko
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Sakanashi Yoko
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Nishimura Yumiko
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (英) Horimoto Kanna
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 金丸 芳([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.生物資源産業学域.食料科学系.食料科学分野]/[徳島大学.生物資源産業学部.生物資源産業学科.食料科学講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. (英) Ishida Shiro
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. (英) Okano Yoshiro
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. 小山 保夫
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Cremophor EL modifies adriamycin-induced action on human leukemia K562 cells

副題 任意
要約 任意

(英) Adriamycin and paclitaxel are simultaneously used for cancer treatment in some cases. The formula of paclitaxel contains cremophor EL as a solvent. Since this solvent exerts diverse biological actions, the modification of adriamycin action by cremophor EL has been studied on human leukemia K562 cells. Cremophor EL did not significantly affect the concentration-response relation for antiproliferative action of adriamycin and the cell cycle changed by adriamycin. However, the induction of morphological change induced by adriamycin was significantly augmented by cremophor EL. The simultaneous application of cremophor EL increased the intensity of fluorescence from adriamycin trapped inside the cells in a concentration-dependent manner, suggesting an increase in intracellular concentration of adriamycin by cremophor EL. Adriamycin alone at concentrations higher than those to completely inhibit the growth induced morphological change in K562 cells. Therefore, cremophor EL may potentiate some of actions induced by adriamycin when adriamycin and paclitaxel are simultaneously applied.

キーワード 推奨
  1. (英) adriamycin
  2. (英) adriamycin
  3. (英) cremophor EL
  4. (英) cremophor el
  5. (英) cytotoxicity
  6. (英) cytotoxicity
  7. (英) human leukemia K562 cells
  8. (英) human leukemia k562 cells
発行所 推奨 徳島大学.総合科学部(1986年4月22日〜)
誌名 必須 Natural Science Research([徳島大学.大学院ソシオ・アーツ・アンド・サイエンス研究部])
(pISSN: 0914-6385)
ISSN 任意 0914-6385
ISSN: 0914-6385 (pISSN: 0914-6385)
Title: 徳島大学総合科学部自然科学研究
Supplier: 徳島大学
 (Webcat Plus (No Scopus information.)
必須 21
必須
必須 9 17
都市 任意
年月日 必須 2007年 12月 24日
URL 任意 http://ci.nii.ac.jp/naid/110006839863/
DOI 任意
PMID 任意
NAID 任意 110006839863
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意