徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [清水 一郎]/Wada S/[岡久 稔也]/Kamamura M/Yano M/Kodaira T/[西野 克志]/Shima K/[伊東 進]/Radioimmunoreactive plasma bradykinin levels and histological changes during the course of cerulein-induced pancreatitis in rats./[Pancreas]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
164414
EOID
688941
Map
0
LastModified
2013年5月30日(木) 15:14:52
Operator
三木 ちひろ
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
岡久 稔也
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨 研究
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. 清水 一郎
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Wada Satoshi / (日) Wada S
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 岡久 稔也([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.連携研究部門(医学域).寄附講座系(医学域).地域総合医療学]/[徳島大学.病院.診療科.内科.消化器内科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (英) Kamamura Masako / (日) Kamamura M
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. (英) Yano Mitsuyasu / (日) Yano M
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. (英) Kodaira Tsukasa / (日) Kodaira T
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 西野 克志([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.電気電子系.物性デバイス分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.電気電子システムコース.物性デバイス講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. (英) Shima Kenji / (日) Shima K
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [個人] 島田 健司 ([徳島大学.病院.中央診療施設等.地域脳神経外科診療部])
    この情報が上記に掲げた個人の業績等に分類されるためには参照登録が必要です.上記に掲げた個人本人に該当する場合には参照登録に変更してください.
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. 伊東 進
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Radioimmunoreactive plasma bradykinin levels and histological changes during the course of cerulein-induced pancreatitis in rats.

副題 任意
要約 任意

(英) The plasma bradykinin (BK) and serum amylase levels and histological changes in rats during the course of acute pancreatitis induced by a large dose of cerulein were examined. Animals were given four intraperitoneal injections of 20 micrograms/kg body wt of cerulein at hourly intervals. The plasma concentration of BK-like immunoreactivity (BK-LI), measured by a highly sensitive and specific radioimmunoassay established in this study, was found to reach a peak 6 h after the first injection of cerulein and then to remain elevated. On the other hand, the serum amylase and the histological alterations (i.e., interstitial edema, vacuolization, and inflammatory infiltration) were maximal 9 h after the first injection and returned to nearly normal after 24 h. These observations suggest that the BK generation is indicative of the participation of the kallikrein-kinin system in the pathophysiological change and that the plasma BK-LI level is a good marker of cellular damage and inflammation within the pancreas during the course of acute pancreatitis.

キーワード 推奨
  1. (英) Acute Disease
  2. (英) Amylases
  3. (英) Animals
  4. (英) Bradykinin
  5. (英) Caerulein
  6. (英) Immune Sera
  7. (英) Male
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 女性 (female)
    [キーワード] 男性 (male)
  8. (英) Pancreatitis
  9. (英) Radioimmunoassay
  10. (英) Rats
  11. (英) Rats, Wistar
  12. (英) Sensitivity and Specificity
発行所 推奨
誌名 必須 Pancreas(American Pancreatic Association, Nihon Suizō Gakkai)
(pISSN: 0885-3177, eISSN: 1536-4828)
ISSN 任意 0885-3177
ISSN: 0885-3177 (pISSN: 0885-3177, eISSN: 1536-4828)
Title: Pancreas
Title(ISO): Pancreas
Publisher: Lippincott Williams & Wilkins Ltd.
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 8
必須 2
必須 220 225
都市 任意
年月日 必須 1993年 3月 初日
URL 任意
DOI 任意
PMID 任意 7681581    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.Affiliation: Second Department of Internal Medicine, School of Medicine, University of Tokushima, Japan.

  2. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article