徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [伊東 進]/[六車 直樹]/Kimura Tetsuo/Yano Hiromi/Imoto Yoshitaka/[岡本 耕一]/Kaji Masako/[佐野 茂樹]/[長尾 善光]/Principle and Clinical Usefulness of the Infrared Fluorescence Endoscopy/[The Journal of Medical Investigation : JMI]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
164034
EOID
878460
Map
0
LastModified
2017年12月4日(月) 14:07:45
Operator
[ADMIN]
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
佐野 茂樹
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 総説·解説
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 大学院ヘルスバイオサイエンス研究部.創薬資源科学部門.機能分子創製学講座(2004年4月1日〜)
著者 必須
  1. 伊東 進
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 六車 直樹([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.消化器内科学]/[徳島大学.病院.診療科.内科.消化器内科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Kimura Tetsuo
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [個人] 木村 哲夫
    [個人] 木村 哲雄 (大阪警察病院)
    この情報が上記に掲げた個人の業績等に分類されるためには参照登録が必要です.上記に掲げた個人本人に該当する場合には参照登録に変更してください.
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《木村 哲夫 (Kimura Tetsuo) @ 医学研究科.博士課程 [大学院学生] 2003年4月〜2007年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  4. (英) Yano Hiromi
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [個人] 矢野 弘美
    この情報が上記に掲げた個人の業績等に分類されるためには参照登録が必要です.上記に掲げた個人本人に該当する場合には参照登録に変更してください.
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《矢野 弘美 (Yano Hiromi) @ 医学研究科.博士課程 [大学院学生] 2003年4月〜2007年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  5. (英) Imoto Yoshitaka
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《井本 佳孝 (Imoto Yoshitaka) @ 医学研究科.博士課程 [大学院学生] 2001年4月〜2005年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  6. 岡本 耕一([徳島大学.病院.診療科.内科.消化器内科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. (英) Kaji Masako
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [個人] 梶 雅子
    この情報が上記に掲げた個人の業績等に分類されるためには参照登録が必要です.上記に掲げた個人本人に該当する場合には参照登録に変更してください.
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《梶 雅子 (Kaji Masako) @ 医科学教育部.博士課程 [大学院学生] 2004年4月〜2007年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  8. 佐野 茂樹([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.薬科学部門.創薬科学系.分子創薬化学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. 長尾 善光
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Principle and Clinical Usefulness of the Infrared Fluorescence Endoscopy

副題 任意
要約 任意

(英) Since there is no infrared fluorescence materials in the living body, infrared fluorescence labeling materials are very useful for making a diagnosis of a micro cancer. We have developed an infrared fluorescence endoscope (IRFE) and indocyanin green (ICG)-derivative as infrared fluorescence labeling materials to evaluate gastrointestinal neoplastic lesions. The study aims were to apply an IRFE and to demonstrate its usefulness in detecting cancerous tissue using an antibody coupled with ICG-derivative. IRFE consisted of an infrared endoscope equipped with excitation (710-790 nm) and barrier (810-920 nm) filters and an intensified CCD camera. We have developed ICG N-hydroxy sulfo succinimide ester (ICG-sulfo-OSu) and 3-ICG-acyl-1, 3-thiazolidine-2-thione (ICG-ATT) as an infrared fluorescent-labeling reagent. ICG-derivative-labeled mouse anti-human carcinoembryonic antigen (CEA) antibody and MUC1 antibody were employed in this study. Moreover, we examined the ability of a reinforcement agent, octylglucoside, to intensity fluorescence from the labeled antibody. Biopsy specimens of gastric cancer were stained with anti-CEA antibody by the avidin-biotinylated peroxidase complex method. Among the positive specimens, freshly resected stomach from three cases were used for the infrared (IR) imaging analysis. The incubation of freshly resected stomach specimens with ICG-anti-CEA antibody-complex resulted in positive staining of the tumor sites by IRFE, and the IR fluorescent images correlated well with the tumor sites. The immunohistochemical studies suggested that the intensity of IR fluorescence of ICG-ATT-MUC1 was stronger than that of ICG-sulfo-OSu. In tumor sections, the reinforcement agent intensified fluorescence, ever at low antibody concentrations. Therefore, we conclude that an anti-CEA (and/or MUC1) antibody with affinity for cancerous lesions and labeled with ICG-derivative can be imaged with this IRFE. Specific antibodies tagged with ICG-derivative with the reinforcement agent can label cancer cells and generate a strong enough fluorescent signal to detect small cancers when examined with an IR fluorescence endoscope.

キーワード 推奨
  1. (英) Animals
  2. (英) Antibodies, Neoplasm
  3. (英) Antigens, Neoplasm
  4. (英) Carcinoembryonic Antigen
  5. (英) Endoscopy, Gastrointestinal
  6. (英) Fluorescent Dyes
  7. (英) Gastrointestinal Neoplasms
  8. (英) Humans
  9. (英) Indocyanine Green
  10. (英) Infrared Rays
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 赤外線 (infrared rays)
  11. (英) Mice
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] ノックアウトマウス (knockout mice)
  12. (英) Mucin-1
  13. (英) Mucins
発行所 推奨
誌名 必須 The Journal of Medical Investigation : JMI([徳島大学.医学部])
(pISSN: 1343-1420, eISSN: 1349-6867)
ISSN 任意 1343-1420
ISSN: 1343-1420 (pISSN: 1343-1420, eISSN: 1349-6867)
Title: The journal of medical investigation : JMI
Title(ISO): J. Med. Invest.
Supplier: 徳島大学
Publisher: Tokushima Daigaku Igakubu
 (NLM Catalog  (Webcat Plus  (医中誌Web  (J-STAGE  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 53
必須 1/2
必須 1 8
都市 任意
年月日 必須 2006年 2月 初日
URL 任意
DOI 任意 10.2152/jmi.53.1    (→Scopusで検索)
PMID 任意 16537990    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
機関リポジトリ 110782
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article

  2. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Research Support, Non-U.S. Gov't

  3. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Review

  4. (英) NumberOfReferences: 14