徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [片山 俊子]/新田 一仁/[川人 伸次]/[田中 克哉]/松本 幸久/土井 俊彦/[北畑 洋]/[大下 修造]/胸部下行大動脈ステントグラフト留置術における術中経食道心エコーの有用性/[麻酔]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
163091
EOID
819023
Map
0
LastModified
2016年5月2日(月) 16:04:44
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
田中 克哉
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 日本語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨 研究
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.病院.診療科.脳·神経·精神科(2003年10月1日〜)
著者 必須
  1. 片山 俊子
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (日) 新田 一仁 / (読) にった かずひと
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《新田 一仁 (Nitta Kazuhito) @ 医科学教育部.博士課程 [大学院学生] 2005年4月〜2007年3月》
    《新田 一仁 () @ 医学部 [学部学生] 1994年4月〜2000年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  3. 川人 伸次([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.連携研究部門(医学域).寄附講座系(医学域).地域医療人材育成(医学域)])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 田中 克哉([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.外科系.麻酔・疼痛治療医学]/[徳島大学.病院.診療科.脳·神経·精神科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. (日) 松本 幸久 / (読) まつもと ゆきひさ
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. (日) 土井 俊彦 / (読) どい としひこ
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 北畑 洋([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.歯科麻酔科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. 大下 修造
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Usefulness of intraoperative transesophageal echocardiography in stent graft implantation for thoracic descending aorta

(日) 胸部下行大動脈ステントグラフト留置術における術中経食道心エコーの有用性

副題 任意
要約 任意

(英) Stent graft implantation for thoracic descending aorta is a promising alternative to open repair. Transesophageal echocardiography (TEE) is a sensitive imaging modality for aortic disease. We reviewed our experience with TEE in stent graft implantation for thoracic descending aorta. Five patients underwent stent graft implantation for thoracic descending aorta under general anesthesia. Intraoperative angiography and TEE were used to identify the extent of the aneurysm and the placement of the stent. TEE showed stent graft configuration and presence of leakage in all cases. In three cases, additional stent graft placement or bypass was performed. Useful information was obtained by TEE in enhancing the accuracy of stent graft positioning potentially improving outcomes. TEE may facilitate repair by confirming aortic pathology, identifying endograft placement, and assessing the adequacy of aneurysm sack isolation, presence of leakage, as well as dynamic intraoperative cardiac performance.

キーワード 推奨
  1. (日) 胸部下行動脈
  2. (英) transesophageal echocardiograpy
  3. (英) stent graft implantation
  4. (英) thoracic descending aorta
発行所 推奨
誌名 必須 麻酔([社団法人 日本麻酔科学会])
(pISSN: 0021-4892)
ISSN 任意 0021-4892
ISSN: 0021-4892 (pISSN: 0021-4892)
Title: Masui. The Japanese journal of anesthesiology
Title(ISO): Masui
Publisher: Kokuseido Shuppan K.K./Kokuseido Publishing Co.
 (NLM Catalog  (医中誌Web  (Scopus (Scopus information is found. [need login])
必須 55
必須 7
必須 886 891
都市 任意
年月日 必須 2006年 7月 初日
URL 任意 http://ci.nii.ac.jp/naid/40007339804/
DOI 任意
PMID 任意 16856550    (→Scopusで検索)
NAID 任意 40007339804
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Case Reports

  2. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: English Abstract

  3. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article