徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [菅原 千恵子]/[高橋 章]/[前田 直樹]/[久保 典子]/[工藤 隆治]/[細木 秀彦]/[岩崎 裕一]/徳島大学病院歯科診療部門における誤飲・誤嚥の実態調査/[四国歯学会雑誌]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
162674
EOID
891558
Map
0
LastModified
2018年3月6日(火) 16:27:41
Operator
三木 ちひろ
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
高橋 章
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. 菅原 千恵子
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 高橋 章([徳島大学.病院.診療科.歯科口腔外科.口腔外科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 前田 直樹([徳島大学.病院.診療科.歯科.歯科放射線科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 久保 典子
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 工藤 隆治([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.口腔外科学]/[徳島大学.歯学部.歯学科.口腔疾患系臨床歯学講座.口腔外科学(口腔外科学第二講座)])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 細木 秀彦([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.歯科放射線学]/[徳島大学.病院.診療科.歯科.歯科放射線科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 岩崎 裕一
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) An Investigation of Accidental Aspiration and Swallowing during the Dental Treatment at Tokushima University Hospital

(日) 徳島大学病院歯科診療部門における誤飲・誤嚥の実態調査

副題 任意
要約 任意

(英) When an accident of aspiration or swallowing occurs during dental treatment, the patient would fall into severe clinical condition such as pneumonia, peritonitis, sepsis, and even death, unless a dentist immediately judges the patient's situation. As most dental material is radiopaque, radiography of a chest or an abdomen allows to see the accidental materials. From 1995 to 2002, 35 radiographic examinations were performed after the accidents at Tokushima University Dental Hospirtal. Mean of accidents was 4.4 cases a year. The incidence was 0.004% in the cumulative numbers of dental examinations. The location of accidental material on the radiography was clearly observed in 18 among 35 cases. Radiography of multiple times was performed 13 in 18 cases in order to confirm the excretion. In 5 cases, accidental materials were not confirmed to excrete. Furthermore, there were many cases in which clinical records about accidents were not described. Present findings indicate that it is necessary to detect precisely the location of accidental materials and that radiographic detection is very important.

キーワード 推奨
  1. (日) 誤嚥 / (読) ごえん
  2. (日) 誤飲 / (読) ごいん
  3. (日) 医療事故 / (読) いりょうじこ
発行所 推奨
誌名 必須 四国歯学会雑誌([四国歯学会])
(pISSN: 0914-6091)
ISSN 任意 0914-6091
ISSN: 0914-6091 (pISSN: 0914-6091)
Title: 四国歯学会雑誌
Supplier: 徳島大学
 (Webcat Plus  (医中誌Web (No Scopus information.)
必須 19
必須 2
必須 255 262
都市 任意
年月日 必須 2007年 1月 初日
URL 任意 http://ci.nii.ac.jp/naid/110006560991/
DOI 任意
PMID 任意
NAID 任意 110006560991
WOS 任意
Scopus 任意
機関リポジトリ 294
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意