徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [西川 啓介]/[薩摩 登誉子]/[重本 修伺]/[坂東 永一]/[中野 雅德]/石田 修/Development of a novel articulator that reproduced jaw movement with six-degree-of-freedom/[Medical Engineering & Physics]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
162270
EOID
720604
Map
0
LastModified
2014年1月20日(月) 13:31:37
Operator
三木 ちひろ
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
田島 登誉子
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. 西川 啓介
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 薩摩 登誉子([徳島大学.病院.診療科.歯科.かみあわせ補綴科(第二補綴科)]/->個人[田島 登誉子])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 重本 修伺
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 坂東 永一
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 中野 雅德
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. (英) Ishida Osamu / (日) 石田 修 / (読) いしだ おさむ
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《石田 修士 () @ 工学部 [学部学生] 1999年4月〜2003年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
題名 必須

(英) Development of a novel articulator that reproduced jaw movement with six-degree-of-freedom

副題 任意
要約 任意

(英) A novel robotic articulator that reproduced a six-degree-of-freedom jaw movement was developed and tested. A precise six-axis micro-positioning stage was employed for this articulator. A high-resolution jaw-tracking device measured the functional jaw movement of the patient and a six-axis micro-positioning stage reproduced recorded jaw movement data. A full veneer crown restoration was fabricated with this articulator system. A working cast was mounted on the positioning stage of the articulator. An occlusal table with soft wax was attached on the cast tooth die, and the jaw movements were reproduced to create a functionally generated path on the occlusal table. The finished occlusal record was used to obtain the wax pattern for the crown. In this subject, no intra-oral occlusal adjustment was necessary for setting the finished full veneer crown. Since this articulator could perform a precise reproduction of the dynamic jaw motion during the functional jaw movement, this system has potential to improve accuracy of the prosthetic teeth occlusion.

キーワード 推奨
  1. (英) condylar
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 顆頭位 (condylar position)
  2. 顎運動(jaw motion/->キーワード[顎運動])
  3. 顎口腔機能(stomatognathic function)
発行所 推奨 Elsevier(->組織[Elsevier Science])
誌名 必須 Medical Engineering & Physics(Institute of Physics and Engineering in Medicine)
(pISSN: 1350-4533, eISSN: 1873-4030)
ISSN 任意 1350-4533
ISSN: 1350-4533 (pISSN: 1350-4533, eISSN: 1873-4030)
Title: Medical engineering & physics
Title(ISO): Med Eng Phys
Publisher: Elsevier BV
 (NLM Catalog  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 29
必須 5
必須 615 619
都市 任意
年月日 必須 2007年 0月 初日
URL 任意
DOI 任意 10.1016/j.medengphy.2006.07.007    (→Scopusで検索)
PMID 任意 17027315    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意 000244967000009
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.Affiliation: Department of Fixed Prosthodontics, Institute of Health Biosciences, The University of Tokushima Graduate School, Tokushima 770-8504, Japan. keisuke@dent.tokushima-u.ac.jp

  2. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Evaluation Studies

  3. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article