徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [坂田 浩]/前田 有香/異文化発達質問紙(IDI)を用いた多様性トレーニング効果の検証/徳島大学留学生センター紀要

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
162022
EOID
876821
Map
0
LastModified
2017年12月4日(月) 13:51:13
Operator
[ADMIN]
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
坂田 浩
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(紀要その他)
言語 必須 日本語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨 研究
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.留学生センター(〜2008年11月30日/->組織[徳島大学.国際センター])
著者 必須
  1. 坂田 浩([徳島大学.高等教育研究センター.学修支援部門]/[徳島大学.国際センター]/->個人[小林 浩])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (日) 前田 有香 / (読) まえだ ゆか
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Assessment if a Diversity Training Program for Japanese University Students Using Intercultural Development Inventory (IDI)

(日) 異文化発達質問紙(IDI)を用いた多様性トレーニング効果の検証

副題 任意
要約 任意

(英) The present study examines the general effect of a four-day diversity training program for 27 Japanese university students using the Intercultural Development Inventory (IDI) (Hammer, Bennett & Wiseman, 2003) and presents some tips to develop more effective training programs for Japanese university students. Bennett, M.J. (1986 ; 1993) presented the Developmental Model of Intercultural Sensitivity (DMIS), and IDI was developed as a tool to measure a person's intercultural sensitivity level on DMIS and to illustrate the person's cultural worldview orientation in terms of cultural differences. In DMIS, Bennett, M.J. (1986 ; 1993) assumes that a person's intercultural sensitivity (or worldview orientation) develops from ethnocentrism to ethnorelativism in six developmental stages: (1) Denial, (2) Defense/Reversal, (3) Minimization, (4) Acceptance, (5) Adaptation and (6) Integration. Pre-and post-IDIs were administered to the students to assess the general effect of the three-day training program. Although the program was not designed to facilitate the students' sensitivity development, results show that the students' overall intercultural sensitivity level progressed from Denial to Minimization. Finally, the study presents a discussion about how to design more effective training to Japanese university students.

キーワード 推奨
  1. (英) Diversity Training / (日) 多様性トレーニング
  2. (英) Intercultural Sensitivity / (日) 異文化感受性
  3. (英) Intercultural Development Inventory (IDI) / (日) 異文化発達質問紙
発行所 推奨 (日) 徳島大学留学生センター
誌名 必須 (日) 徳島大学留学生センター紀要
ISSN 任意
必須 1
必須 1
必須 1 18
都市 任意
年月日 必須 2005年 0月 初日
URL 任意 http://ci.nii.ac.jp/naid/110006487536/
DOI 任意
PMID 任意
NAID 任意 110006487536
WOS 任意
Scopus 任意
機関リポジトリ 149
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意