徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [松本 和幸]/[任 福継]/[黒岩 眞吾]/感情インタフェースのための感情推定手法/Proceedings of International Symposium on Artificial Intelligence and Affective Computing 2006

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
158471
EOID
756405
Map
0
LastModified
2014年11月19日(水) 17:00:52
Operator
任 福継
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
任 福継
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 国際会議
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨 研究
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.大学院ソシオテクノサイエンス研究部.情報ソリューション部門.感性情報処理(2006年4月1日〜2016年3月31日)
著者 必須
  1. 松本 和幸([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.情報工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.情報工学講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 任 福継([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.情報工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.情報工学講座]/->個人[中川 福継])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 黒岩 眞吾(千葉大学大学院 融合科学研究科)
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) An Emotion Estimation Method for Emotion Interface

(日) 感情インタフェースのための感情推定手法

副題 任意
要約 任意

(英) The existing approaches of emotion estimation from a textwere mainly focused on estimating positive or negative emotions in thetext. However human emotions are more complex and we cannot judgeour emotions only by positive or negative. In this paper, we proposedan emotion estimation algorithm for conversation sentence. We gave therules of emotion occurrence to 1616 sentence patterns. In addition, we developeda dictionary which consisted of emotional words and emotionalidioms. The proposed method can estimate emotions in a sentence bymatching the sentence pattern of emotion occurrence and the rule. Furthermore,we can get two or more emotions included in the sentence bycalculating emotion parameter. We constructed the experiment systembased on the proposed method for evaluation. We analyzed weblog dataincluding 1645 sentences by the system, and conducted the experimentto evaluate emotion estimation accuracy.

(日) 本論文は,感情インタフェースを構築するための感情推定手法について提案し,その評価実験をおこなうことで,今後の展望について述べる.

キーワード 推奨
  1. (英) emotion interface
  2. (英) emotion estimation
発行所 推奨
誌名 必須 (英) Proceedings of International Symposium on Artificial Intelligence and Affective Computing 2006
ISSN 任意
必須 ---
必須 ---
必須 128 137
都市 必須 徳島(Tokushima/[日本国])
年月日 必須 2006年 11月 28日
URL 任意
DOI 任意
PMID 任意
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意