徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [佐原 玉恵]/高校生の性の知識,価値観,行動の実態とその関係/[母性衛生]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
158358
EOID
681407
Map
0
LastModified
2013年3月6日(水) 11:43:25
Operator
松井 栄里
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[学科長]/[徳島大学.医学部.保健学科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 日本語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 日本母性衛生学会
著者 必須
  1. 佐原 玉恵
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Sexual awareness, values and sexual behaviors in high school students

(日) 高校生の性の知識,価値観,行動の実態とその関係

副題 任意
要約 任意

(英) The purpose of this study is to investigate the actual condition of the sexuality of high school students and to examine the relationship between knowledge of sex, sense of value and sexual behavior. The survey contained questions on knowledge and contraception methods, pregnancy, induced abortions, and sexually transmitted diseases. The response rate was 91.5%. The results were as follows. 1. The students did not have adequate knowledge of sex. 2. Seventy percent of the high school students obtained a knowledge of contraception through sex education at school. 3. About 60% of all the high school students accepted that high school students have sexual intercourse. 4. There were a lot of students who had a opinion that sexual intercourse who acceptable under mutual consent. 5. Concerning induced abortion was considered unacceptable in 83.4% of the students. 6. The sexual intercourse rate in the survey was 24.1%. This rate was slightly lower than the national average. 7. The sexual intercourse rate of the girl students was slightly higher than the national average but not significant. However the contraceptive rate of the girl students was lower than the national average. 8. The sense of value on sexuality and sexual behavior which the students had was not adequate. 9. The girl students had a knowledge of condom equivalent to that of boy students. But the contraception rate of the girl students was significantly lower than that of the boy students. We observed that sex education was needed. It is necessary that the girl students demand the use of condoms.

(日) 本研究の目的は高校生の性に関する知識,価値観,行動について分析し四国A県の高校生の性の実態を調査することである.四国A県の高校6校に通学する高校生630名を対象に性交,避妊法,妊娠,人工妊娠中絶,性感染症についてアンケート調査を実施し565名から回答を得た.四国A県の高校生の性の実態調査の結果,知識面の特徴は,1.性に関する基礎的な知識が不足していた.価値観の特徴は,2.性交については全体の約6割の人が容認していた.3.人工妊娠中絶について全体の約8割が否定的な意見であった.行動の特徴は,4.女子の性交率は全国平均よりも高く,避妊率は低い結果であり,全国平均に比して女子は性行動が活発であるという特徴が示された.知識,価値観,行動の関係の特徴は,8.性に関する価値観と行動にはずれが生じていた.9.コンドームの使用法の知識について男女間の差はみられなかったがコンドームでの避妊の実施率は男子より女子が有意に低かった.以上のことより,性に関する基礎的知識の教育,女子に対する避妊法,避妊することを要求できる行動の教育が必要であると考えられた.

キーワード 推奨
  1. (英) high school student / (日) 高校生
  2. (英) sexual intercourse / (日) 性交
  3. (英) contraception / (日) 避妊
  4. (英) induced abortion / (日) 人工妊娠中絶
  5. (英) sex education / (日) 性教育
発行所 推奨 日本母性衛生学会
誌名 必須 母性衛生([日本母性衛生学会])
(pISSN: 0388-1512)
ISSN 任意 0388-1512
ISSN: 0388-1512 (pISSN: 0388-1512)
Title: 母性衛生
Supplier: 日本母性衛生学会
 (Webcat Plus  (医中誌Web (No Scopus information.)
必須 48
必須 1
必須 132 141
都市 任意
年月日 必須 2007年 4月 初日
URL 任意 http://ci.nii.ac.jp/naid/110006274324/
DOI 任意
PMID 任意
NAID 任意 110006274324
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意