徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: Sakai M./Miyake H./Tashiro S./[奥村 裕司]/[木戸 博]/Inhibitory effect of FK506 and Cyclosporine A on the growth and invation of human liver cancer cells/[The Journal of Medical Investigation : JMI]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
154907
EOID
878412
Map
0
LastModified
2017年12月4日(月) 14:07:16
Operator
[ADMIN]
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
木戸 博
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 分子酵素学研究センター(〜2007年3月31日/->組織[疾患酵素学研究センター])
著者 必須
  1. (英) Sakai M.
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [個人] 坂井 雅子
    [個人] 境 泉洋
    [個人] 酒井 仁美 ([徳島大学.技術支援部])
    [個人] 酒池 久美子 ([徳島大学.生物資源産業学部.事務課])
    この情報が上記に掲げた個人の業績等に分類されるためには参照登録が必要です.上記に掲げた個人本人に該当する場合には参照登録に変更してください.
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《阪井 学 (Sakai Manabu) @ 医学研究科.博士課程 [大学院学生] 2004年2月〜2004年2月》
    《酒井 孟 (Sakai Hajime) @ 工学部 [学部学生] 2003年4月〜2007年3月》
    《酒井 朋子 (Sakai Tomoko) @ 医学部 [学部学生] 1996年4月〜2000年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  2. (英) Miyake H.
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [個人] 三宅 一央
    [個人] 三宅 秀則
    [個人] 三宅 正弘 (武庫川学院)
    [個人] 三宅 洋一郎
    [個人] 三宅 義和 ([関西大学])
    この情報が上記に掲げた個人の業績等に分類されるためには参照登録が必要です.上記に掲げた個人本人に該当する場合には参照登録に変更してください.
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《三宅 崇之 (Miyake Takashi) @ 工学研究科.博士前期課程 [大学院学生] 2001年4月〜2003年3月》
    《三宅 弘恵 (Miyake Hiroe) @ 総合科学部 [学部学生] 1998年4月〜2002年3月》
    《三宅 仁美 (Miyake Hitomi) @ 工学部 [学部学生] 2004年4月〜2008年3月》
    《三宅 孝宏 (Miyake Takahiro) @ 工学部 [学部学生] 2005年4月〜2009年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  3. (英) Tashiro S.
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [個人] 田代 征記
    [個人] 田代 優秋
    この情報が上記に掲げた個人の業績等に分類されるためには参照登録が必要です.上記に掲げた個人本人に該当する場合には参照登録に変更してください.
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《田代 優秋 (Tashiro Yuushuu) @ 工学研究科.博士前期課程 [大学院学生] 2001年4月〜2003年3月》
    《田代 敬 (Tashiro Takashi) @ 医学研究科.博士課程 [大学院学生] 2002年12月〜2002年12月》
    《田代 京子 (Tashiro Kyouko) @ 医科学教育部.修士課程 [大学院学生] 2005年4月〜2007年3月》
    《田代 優秋 (Tashiro Yuushuu) @ 工学研究科.博士後期課程 [大学院学生] 2003年4月〜2007年3月》
    《田代 敬 (Tashiro Takashi) @ 医学研究科.博士課程 [大学院学生] 1997年4月〜2001年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  4. 奥村 裕司
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 木戸 博([徳島大学.先端酵素学研究所.デザイン酵素・創薬・イノベーション創出領域])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Inhibitory effect of FK506 and Cyclosporine A on the growth and invation of human liver cancer cells

副題 任意
要約 任意

(英) The prognosis of liver transplantation for liver cancer is determined by recurrence in the liver graft. In this study, the effects of immunosuppressors, FK506 and cyclosporine A (CsA) on the migration of liver cancer cells were investigated. The effects of FK506 at concentrations of 1-100 ng/mL and CsA at 1-1000 ng/mL on the growth of poorly and well differentiated human hepatocellular carcinoma cell lines, HLE and HuH-7, respectively, were examined. After treatment of these cells with FK506 and CsA, the growth of these cells, their cytotoxicities and invasion assay on the Matrigel basement membrane invasion chamber were evaluated. In addition, the effects of FK506 and CsA on the changes in the production of a soluble intercellular adhesion molecule-1 (sICAM-1) of these cells were measured. FK506 and CsA at concentrations of 1-10 ng/mL inhibited the growth of both HLE and HuH-7 and those immunosuppressors at concentrations over 100 ng/mL exhibited cytotoxicity on these cells. FK506 at concentration of 1 ng/mL significantly inhibited the invasion of poorly differentiated HLE, but not well differentiated HuH-7, after treatment for 2-5 days in culture (p<0.05), but FK 506 at 10 ng/mL showed less inhibitory efficient. CsA at concentrations of 1-10 ng/mL, however, did not inhibit or transiently inhibited the invasion of both cell lines. The production of ICAM-1 in HLE and HuH-7 was suppressed by FK506 at concentrations of 1-10 ng/mL after treatment for 3-5 days but the effect was not significant in the initial phase at days 1-2 and the last phase at days 5-6. FK506, but not CsA, at a clinical dose of 1 ng/mL significantly inhibited the invasion of the poorly-differentiated HLE, but not HuH-7 and also inhibited the production of sICAM-1 in HLE.

キーワード 推奨
  1. (英) Carcinoma, Hepatocellular
  2. (英) Cell Division
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 細胞分裂 (cell division)
  3. (英) Cell Line, Tumor
  4. (英) Cyclosporine
  5. (英) Humans
  6. (英) Immunosuppressive Agents
  7. (英) Intercellular Adhesion Molecule-1
  8. (英) Liver Neoplasms
  9. (英) Neoplasm Invasiveness
  10. (英) Tacrolimus
発行所 推奨
誌名 必須 The Journal of Medical Investigation : JMI([徳島大学.医学部])
(pISSN: 1343-1420, eISSN: 1349-6867)
ISSN 任意 1343-1420
ISSN: 1343-1420 (pISSN: 1343-1420, eISSN: 1349-6867)
Title: The journal of medical investigation : JMI
Title(ISO): J. Med. Invest.
Supplier: 徳島大学
Publisher: Tokushima Daigaku Igakubu
 (NLM Catalog  (Webcat Plus  (医中誌Web  (J-STAGE  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 51
必須 1-2
必須 63 69
都市 任意
年月日 必須 2004年 4月 3日
URL 任意
DOI 任意 10.2152/jmi.51.63    (→Scopusで検索)
PMID 任意 15000258    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
機関リポジトリ 110716
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.Affiliation: Department of Digestive and Pediatric Surgery, The University of Tokushima School of Medicine, Tokushima, Japan.

  2. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article