徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

学位論文: [徳島大学.工学研究科.機械工学専攻]/[修士]/Ti-15-3-3-3合金の高強度化に及ぼす微細組織の影響に関する研究/20070323/[吉田 憲一]

ヘルプを読む

「学位論文」(学位授与の情報)は,授与した学位を登録するためのテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
154473
EOID
677679
Map
0
LastModified
2013年2月4日(月) 10:52:15
Operator
三木 ちひろ
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[学科長]/[徳島大学.工学部.機械工学科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
学科・専攻 必須
  1. 徳島大学.工学研究科.機械工学専攻(〜2011年3月31日)
学位 必須 修士
学位名称 必須 修士(工学)/[修士]
学位正式名称 必須 (英) Master of Engineering / (日) 修士工学 / (読) しゅうしこうがく
言語 推奨
氏名 必須
題名 必須

(英) Influence of fine structure on high strengthening of Ti-15-3-3-3 alloy

(日) Ti-15-3-3-3合金の高強度化に及ぼす微細組織の影響に関する研究

副題 任意
要約 任意

(英) High strengthening of Ti-15V-3Al-3Cr-3Sn alloy to be used for the face side of the golf club heads has been investigated under several thermo-mechanical treatments and aging conditions. Although the maximum tensile strength of 1.56 GPa was obtained, the fracture strain was as small as 1.86 %.It was considered that the strength and the ductility depend on the fine α phase precipitates and ω phase nucleation from the β phase in the alloy.

(日) Ti-15V-3Al-3Cr-3Sn合金の機械的特性は,結晶粒の微細化とα相の均一微細な析出に極めて敏感にかつ複雑に変化することが指摘されている.そこで,本合金を高強度化するための加工熱処理条件を検討するとともに,高強度化に伴う微細組織の影響について検討する.

キーワード 推奨
  1. (英) Ti-15V-3Al-3Cr-3Sn alloy / (日) Ti-15V-3Al-3Cr-3Sn合金
  2. (英) Thermo-mechnical treatment / (日) 加工熱処理
  3. (英) Tensile strength / (日) 引張強度
  4. (英) α phase precipitates / (日) α相析出
  5. (英) ω phase / (日) ω相
  6. (英) aging / (日) 時効
年月日 必須 2007年 3月 23日
指導教員 必須
  1. 吉田 憲一
指導協力教員 任意
審査教員 必須
  1. 吉田 憲一
  2. 岡田 達也([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.機械科学系.材料科学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.機械科学コース.材料科学講座])
  3. 西野 秀郎([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.機械科学系.材料科学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.機械科学コース.材料科学講座])
備考 任意