徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2007/高齢者援助論

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
154367
EOID
496636
Map
0
LastModified
2009年12月27日(日) 15:03:19
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
雄西 智惠美
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 医学部保健学科 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2007年 (平成 19年)
名称 必須 (英) Methodology of Gerontological Nursing / (日) 高齢者援助論 / (読) こうれいしゃえんじょろん
題目 任意
形態 不用
  1. 演習
コース 必須
  1. 2006/[徳島大学.医学部.保健学科.看護学専攻]/保健学科.看護学専攻/[学士課程]
担当教員 必須
  1. 雄西 智惠美
    肩書 任意
  2. 助教授([教職員.教員.本務教員]/[常勤]/平成19年3月31日までの肩書/〜2007年3月末日)
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) 加齢による心身の機能低下に加えて,様々な疾患を抱える高齢者を包括的に理解し,高齢者のQOLの向上を目指した援助のあり方と具体的な援助技術について学習する.また,様々な高齢者の療養の場とその特徴を理解し,具体的な援助方法を学習する.さらに,高齢者に対する看護過程の展開方法を学ぶ.

概要 必須

(日) 近年は高齢者の療養の仕方や場所など多様化している.本科目では,積極的治療をうける高齢者への看護,認知症など高齢者特有の健康問題をもと人への看護,および高齢者の安全を支援する看護を中心に教授する.また,紙上事例をつかった看護過程の展開の演習を行う

キーワード 推奨
  1. 生活の質(quality of life)
  2. セルフケア(self-care)
  3. ケアリング(caring)
  4. 加齢(aging/->キーワード[老化])
  5. 高齢者看護(geriatric nursing)
  6. 人権擁護(protection of human rights)
先行科目 推奨
関連科目 推奨
  1. 高齢者看護学概論([2007/[徳島大学.医学部.保健学科.看護学専攻]/保健学科.看護学専攻/[学士課程]])
    関連度 任意
  2. 高齢者看護学臨地実習([2006/[徳島大学.医学部.保健学科.看護学専攻]/保健学科.看護学専攻/[学士課程]])
    関連度 任意
注意 任意
目標 必須
  1. (日) 加齢に加え病気を抱える高齢者の心身の特徴を理解する.

  2. (日) 健康問題をもつ高齢者のQOLを目指した援助のあり方を検討する.

  3. (日) 高齢者に特有な健康問題に対するアセスメント方法,具体的援助方法が理解できる

  4. (日) 高齢者の様々な療養の場の特徴を理解し,看護ケア方法を理解する

  5. (日) オレム理論を基盤とした看護過程の展開方法を理解する

計画 必須
  1. (日) 侵襲的治療を受ける高齢者の合併症とその特徴

  2. (日) 合併症の予防ケア

  3. (日) 侵襲的治療を受ける高齢者の看護の実際

  4. (日) 老年期の健康障害に着目した看護:認知症のある患者の看護

  5. (日) 老年期の健康障害に着目した看護:身体可動性に障害のある患者の看護

  6. (日) 老年期の健康障害に着目した看護:失語・構音障害のある患者の看護

  7. (日) 老年期の健康障害に着目した看護:感染症のある高齢者に対する看護

  8. (日) 老年期の健康障害に着目した看護:排泄障害のある高齢者の看護

  9. (日) 在宅・施設で生活する高齢者の看護:各施設における看護

  10. (日) 高齢者の事故と予防のための看護:転倒

  11. (日) 高齢者の事故と予防のための看護:誤嚥・窒息

  12. (日) 高齢者の事故と予防のための看護:感染

  13. (日) 高齢者の対する看護過程の展開(オレム理論を基本に)

  14. (日) 演習:看護過程展開①

  15. (日) 演習:看護過程展開①

  16. (日) 試験

評価 必須

(日) 試験80% 演習20%

再評価 任意
教科書 必須
  1. (日) 中島紀恵子他:系統看護学講座19,老年看護学医学書院

参考資料 推奨
URL 任意
連絡先 推奨
  1. 雄西 智惠美
    オフィスアワー 任意

    (日) 水曜日午後

科目コード 推奨
備考 任意