徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2001/量子力学

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
15363
EOID
376654
Map
[2000/量子力学]
LastModified
2007年12月28日(金) 16:21:26
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.工学基礎教育センター]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 工学部•夜間主 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2001年 (平成 13年)
名称 必須 (英) Quantum Mechanics / (日) 量子力学 / (読) りょうしりきがく
コース 必須
  1. 2001/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]/[夜間主コース]
  2. 2001/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]/[夜間主コース]
  3. 2001/[徳島大学.工学部.生物工学科]/[夜間主コース]
担当教員 必須
  1. 金城 辰夫
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) 物質の性質を原子,分子レベルで理解するためには,どうしても極微の世界を支配する基本法則を学ぶ必要がある.それが量子力学であり,原子や分子の振る舞いを調べる上で重要である.その初歩的解説を行い,基礎概念を理解してもらうことを目的としている.

概要 必須

(日) まず,原子と分子の概念の復習から始めて,分子の熱運動の古典論を理解し,それが電磁場の空洞放射の問題に発展していくことを学ぶ.その中でプランクが導入した光量子の概念が量子論の誕生となることを説明する.次に,プランクの理論を用いて原子の安定性の説明に成功したボーアの量子論を学び,シュレーディンガー方程式に結びついていく過程を述べる.簡単な例として,調和振動子の問題を説明する.

キーワード 推奨
先行科目 推奨
関連科目 推奨
要件 任意
注意 任意
目標 必須
計画 必須
  1. (日) 原子と分子

  2. (日) 原子番号と質量数

  3. (日) 気体分子の熱運動

  4. (日) 気体の比熱と圧力

  5. (日) プランクの放射式

  6. (日) 量子論の誕生

  7. (日) ボーアの量子論

  8. (日) 光の放出と吸収

  9. (日) 光電効果

  10. (日) ド·ブローイの物質波

  11. (日) 不確定性原理

  12. (日) シュレーディンガー方程式

  13. (日) 調和振動子のシュレーディンガー方程式

  14. (日) 調和振動子のエネルギー準位

  15. (日) 予備日

  16. (日) 定期テスト

評価 必須

(日) 講義への出席状況,レポート·小テストの内容等の平常点と定期試験の成績を総合して行う.

対象学生 任意
教科書 必須
  1. (日) ノート講義.毎回,まとめの資料を配布する.

参考資料 推奨
  1. (日) 中嶋貞雄「量子力学(I,II)」岩波書店

  2. (日) 小出昭一郎「量子論」裳華房

URL 任意
連絡先 推奨
科目コード 推奨
備考 任意
  1. (日) 微分および積分の初歩の知識が必要.

  2. (日) [平常点]と[期末試験の成績]の割合は3:7とする.

この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です