徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2001/量子エレクトロニクス

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
15358
EOID
376374
Map
[2000/量子エレクトロニクス]
LastModified
2007年12月28日(金) 15:53:05
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 工学部•昼間 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2001年 (平成 13年)
名称 必須 (英) Quantum Electronics / (日) 量子エレクトロニクス / (読) りょうしえれくとろにくす
コース 必須
  1. 2001/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]/[昼間コース]
担当教員 必須
  1. 富永 喜久雄
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) 19世紀の古典電気磁気学(Maxwellの理論)とその応用(電波,放送,通信等)から議論を興し,次第に20世紀の理論(量子論)に移行する.誘導放出,自然放出など光子の放出と遷移,その確率を論じた後,現象をマクロ化して物質による電磁波(光子)の吸収係数と負温度について述べ,レーザ発振理論を述べ,パラメーターを変化させ,現れる現象を解析する.

概要 必須

(日) レーザ光の一般的性質についてのべる.状態の遷移と確率から,誘導放出により電磁波が増幅されることについて説明する.第二量子化は光子を振動子で置き換えること,生成·消滅演算子,電磁界を光子で表す,状態関数,シュレーディンガー方程式,相互作用表示,遷移行列と確率,熱平衡,非熱平衡(負温度),物質の吸収係数,発振条件,飽和現象とホール·バーニング効果,共振器,モード同期,Q-スイッチ,気体レーザ,固体レーザ,半導体レーザ,色 素レーザ,光波を外部から制御するための効果として電気光学効果,磁気光学効果,音響光学効果について述べる.パラメトリック効果,Manley-Roweの関係,光ソリトン,非線形分光にもふれる.

キーワード 推奨
先行科目 推奨
関連科目 推奨
要件 任意
注意 任意
目標 必須
計画 必須
  1. (日) レーザ光の性質(1,2週)

  2. (日) レーザの物理学(3∼5週)

  3. (日) 励起と負温度状態(6,7週)

  4. (日) Lambのレーザー発振理論(半古典理論)と特性(8,9週)

  5. (日) 各種のレーザ(10,11週)

  6. (日) 光波の制御(12,13週)

  7. (日) 非線形現象(14,15週)

評価 必須

(日) 平常点と期末試験の合計で評価する.

JABEE合格 任意
JABEE関連 任意
対象学生 任意
教科書 必須
  1. (日) 前田三男「量子エレクトロニクス」昭晃堂 を使用する.

参考資料 推奨
  1. (日) 大津元一著「入門 レーザ」,詫間 宏 著「量子エレクトロニクス入門」培風館.より高度な参考書としてハイトラー著 沢田克郎訳「輻射の量子論 上」吉岡書店があるが,購入の場合は図書館等で内容が理解できそうかどうかあらかじめ確認すること.

URL 任意
連絡先 推奨
科目コード 推奨
備考 任意
  1. (日) 「電気磁気学1∼3」は少なくとも単位取得している事が望ましい.また,量子論の部分が,やや難解となるから,物理関係科目を修得している事が望ましい.

  2. (日) 平常点と試験の比率は4:6とする.平常点には講義への出席状況,小テスト,レポートの提出状況と内容を含む.

この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です