徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2007/保健環境学実習

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
153426
EOID
573122
Map
0
LastModified
2011年4月7日(木) 17:06:35
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員]/[徳島大学.医学部.保健学科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 医学部保健学科 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2007年 (平成 19年)
名称 必須 (英) Practice in Health Environmental Science / (日) 保健環境学実習 / (読) ほけんかんきょうがくじっしゅう
題目 任意
形態 不用
  1. 実習
コース 必須
  1. 2007/[徳島大学.医学部.保健学科.検査技術科学専攻]/保健学科.検査技術科学専攻/[学士課程]
担当教員 必須
  1. 藤井 正信
    肩書 任意 非常勤講師([教職員.教員]/[非常勤])
  2. 梅野 真由美
    肩書 任意 准教授([教職員.教員.本務教員]/[常勤]/平成19年4月1日学校教育法施行による肩書/2007年4月初日〜)
単位 必須 1
目的 必須

(日) 健康に及ぼす生活上の因子について,身近な環境測定を通して理解を深めることを目的とする.

概要 必須

(日) 実習

キーワード 推奨
先行科目 推奨
  1. 衛生学([2007/[徳島大学.医学部.保健学科.検査技術科学専攻]/保健学科.検査技術科学専攻/[学士課程]]/[2007/[徳島大学.医学部.保健学科.看護学専攻]/保健学科.看護学専攻/[学士課程]]/[2007/[徳島大学.医学部.保健学科.放射線技術科学専攻]/保健学科.放射線技術科学専攻/[学士課程]])
    必要度 任意
  2. 環境衛生学([2006/[徳島大学.医学部.保健学科.検査技術科学専攻]/保健学科.検査技術科学専攻/[学士課程]])
    必要度 任意
関連科目 推奨
  1. 衛生学([2007/[徳島大学.医学部.保健学科.検査技術科学専攻]/保健学科.検査技術科学専攻/[学士課程]]/[2007/[徳島大学.医学部.保健学科.看護学専攻]/保健学科.看護学専攻/[学士課程]]/[2007/[徳島大学.医学部.保健学科.放射線技術科学専攻]/保健学科.放射線技術科学専攻/[学士課程]])
    関連度 任意
  2. 環境衛生学([2006/[徳島大学.医学部.保健学科.検査技術科学専攻]/保健学科.検査技術科学専攻/[学士課程]])
    関連度 任意
注意 任意
目標 必須
  1. (日) 身の回りの環境(空気,水など)の測定を通して,健康に及ぼす生活上の要因を理解を深めることを目標にする.

計画 必須
  1. (日) 実習準備(空気試験,物理的環境試験)と実習項目及び実習内容の解説を行う.

  2. (日) 身近な環境測定 1. 室内の気温,湿度(気湿),気流,輻射温度,不快指数の算出などを実習する.

  3. (日) 身近な環境測定 2. 感覚温度(E.T.)の算出(アスマン通風温湿度計,カタ寒暖計を用い,乾球温度,湿球温度,気流を求め,感覚温度図表を用いE.Tを算出する.

  4. (日) 身近な環境測定 3. 騒音の測定. 騒音計を用い,時間率騒音レベルを求める.また,等価騒音レベルとの比較を行う.照度の測定

  5. (日) 身近な環境測定 4. 部屋の換気量の測定(二酸化炭素を指標とする)及び必要換気量の算出

  6. (日) 実習準備(水質試験)及び試薬の調製,実習内容の解説

  7. (日) 調製水の水質検査 1. アンモニア性窒素,亜硝酸性窒素

  8. (日) 調製水の水質検査 2. 過マンガン酸カリウム消費量

  9. (日) 水道水の水質検査 3. 残留塩素の測定(ジエチル-p-フェニレンジアミン(DPD)法)

  10. (日) 水道水の水質検査 4. 総硬度の測定(EDTA法)

  11. (日) 水道水の水質検査 5. フッ素の測定(ランタン·アリザリンコンプレクソン法)

  12. (日) 自然環境水の水質検査 1. 生物化学的酸素要求量(BOD) 実習時間に余裕があれば行う.

  13. (日) 自然環境水の水質検査 2. 化学的酸素要求量(COD) 実習時間余裕があれば行う.

  14. (日) 飲食物試験 1. 油脂の酸価,過酸化物価

  15. (日) 飲食物試験 2. 食品添加物試験(着色料,保存料,酸化防止剤など)

  16. (日) 実習レポ-トの提出と簡単な実習試験を実施する.

評価 必須

(日) 主に実習レポ-トと実習試験で総合的に評価する.

再評価 任意
対象学生 不用 開講コース学生のみ履修可能
教科書 必須
  1. (日) 自製の実習書とプリントを使用する.

参考資料 推奨
URL 任意
連絡先 推奨
  1. 梅野 真由美
    オフィスアワー 任意
科目コード 推奨
備考 任意