徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2007/成人看護学実習Ⅰ

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
153186
EOID
572518
Map
0
LastModified
2011年4月6日(水) 22:27:03
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
雄西 智惠美
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 医学部保健学科 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2007年 (平成 19年)
名称 必須 (英) Clinical Practice in Adult Nursing 1 / (日) 成人看護学実習Ⅰ / (読) せいじんかんごがくじっしゅう
題目 任意
コース 必須
  1. 2006/[徳島大学.医学部.保健学科.看護学専攻]/保健学科.看護学専攻/[学士課程]
担当教員 必須
  1. 雄西 智惠美
    肩書 任意
  2. 田村 綾子
    肩書 任意
  3. 市原 多香子
    肩書 任意
  4. 南川 貴子([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健学域.保健科学部門.看護学系.療養回復ケア看護学]/[徳島大学.医学部.保健学科.看護学専攻.成人·高齢者看護学講座])
    肩書 任意
  5. 桑村 由美([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健学域.保健科学部門.看護学系.女性の健康支援看護学])
    肩書 任意
単位 必須 4
目的 必須

(日) 手術は健康回復のために重要な手段であるが,心身への侵襲や時には身体機能の喪失を伴うことがある.本来の目的を達成し手術療法が患者のQOL向上にむすびつくためには侵襲からの順調な回復を促進し,治療過程を通して患者が主体的な療養行動を獲得できるよう援助することが大切である.本実習では周手術期にある患者を包括的に理解することに努め,合併症を予防し健康問題解決のための援助方法を学習する.特に侵襲下にある患者の生命活動をサポートし生活活動を保護する援助技術について重点的に学ぶ.また,実習体験を通して,批判的·創造的思考を深めると共に,自己の看護観·倫理観·職業観を発展させる.

概要 必須

(日) 1病棟に4∼5名/1Gで合計4週間の実習を行う.病棟では原則として手術患者1名を受け持ち看護過程を展開するが,患者の手術予定等によって複数を受け持つことがある. *実習内容の詳細については,後日,実習要項を配布し,ガイダンスを行います.

キーワード 推奨
先行科目 推奨
  1. 疾病論II([2007/[徳島大学.医学部.保健学科.看護学専攻]/保健学科.看護学専攻/[学士課程]])
    必要度 任意
  2. 成人援助論Ⅰ([2006/[徳島大学.医学部.保健学科.看護学専攻]/保健学科.看護学専攻/[学士課程]])
    必要度 任意
  3. 成人援助論Ⅱ([2006/[徳島大学.医学部.保健学科.看護学専攻]/保健学科.看護学専攻/[学士課程]])
    必要度 任意
関連科目 推奨
注意 任意

(日) 受け持ち患者の手術日等によって実習日や実習時間が変更になることがあるので,このような状況を踏まえて実習に参加してほしい.また,健康管理に注意して実習に臨むこと.特に冬季の風邪·インフルエンザ予防対策は十分に行うこと.

目標 必須
  1. (日) 侵襲下にある患者に適切な関わり·援助ができる.1)病気や手術の受け止め方,急激な生活変化に配慮した関わりができる. 2)患者·家族が手術縦攴に適切に対処できるように援助できる. 3)術後合併症予防のための援助ができる. 4)安全と安楽を配慮した援助ができる.5)生命活動のモニタリングができる. 6)苦痛緩和ケアが実施できる. 7)患者の回復状況に応じた生活援助ができる.8)退院後の日常生活上の問題を把握し援助できる.

  2. (日) 患者ー看護師関係を成立し発展させることができる.

  3. (日) 患者に適した看護過程を展開することができる.

  4. (日) 専門職業人として適切な(ふさわしい)姿勢·態度を養うことができる.

  5. (日) 倫理的問題に反応することができる.

  6. (日) 医療チームの一員として行動できる.

  7. (日) 基本的学習と学習の拡大努力をする.

計画 必須
  1. (日) 3年後期に4週間の実習を行う.詳細は実習予定表を参照のこと.

評価 必須

(日) 実習目標の達成状況,実習への参加度,自己学習状況,カンファレンスへの参加度,ケースレポートを総合して評価する.

再評価 任意
教科書 必須
  1. (日) 成人看護学概論,成人対象論,成人援助論,成人疾病論,高齢者疾病論で使用したものを活用.

参考資料 推奨
  1. (日) 必要時,参考文献を紹介をする.

URL 任意
連絡先 推奨
  1. 田村 綾子
    オフィスアワー 任意

    (日) 金曜日:16:30∼17:30 (研究室 保健学科3階)

  2. 雄西 智惠美
    オフィスアワー 任意

    (日) 木曜日:17:00以降 (研究室 保健学科3階)

  3. 市原 多香子
    オフィスアワー 任意

    (日) 金曜日:16:30∼18:00 (研究室 保健学科3階)

  4. 南川 貴子([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健学域.保健科学部門.看護学系.療養回復ケア看護学]/[徳島大学.医学部.保健学科.看護学専攻.成人·高齢者看護学講座])
    オフィスアワー 任意

    (日) 火曜日:16:00から17:30(成人実習室 保健学科3階)

  5. 桑村 由美([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健学域.保健科学部門.看護学系.女性の健康支援看護学])
    オフィスアワー 任意

    (日) 火曜日:16:00から17:30(成人実習室 保健学科3階)

科目コード 推奨
備考 任意