徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2007/基礎化学/化学の基礎

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
152425
EOID
496413
Map
0
LastModified
2009年12月26日(土) 18:36:14
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[センター長]/[徳島大学.全学共通教育センター]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 全学共通教育 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2007年 (平成 19年)
名称 必須 (英) Basic Chemistry / (日) 基礎化学 / (読) きそかがく
題目 必須 (日) 化学の基礎
形態 推奨
  1. 講義
コース 必須
  1. 2007/[徳島大学]/基礎科目群/[共通教育]
担当教員 必須
  1. 阪間 稔([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健学域.保健科学部門.放射線科学系.放射線理工学]/[徳島大学.医学部.保健学科.放射線技術科学専攻.医用放射線科学講座])
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) 私たちの周りには化学物質が満ち溢れている.また,全ての物質が原子や原子が結合した分子で構成されている.これら物質について,その構造や性質の理解を深めるためには,私たちが化学的知識を持つことが不可欠である.この授業では,化学の基礎を学び,化学結合が物質の構造,反応,性質に直接関係していることを学ぶ.また,物質の状態変化や化学反応に伴うエネルギーや簡単な有機化合物の性質や特徴について学び,化学物質についての理解を深めることを目的としている.

概要 必須

(日) 指定教科書を中心とした講義を行う.化学の基礎(原子の構造,化学結合,溶液,酸·塩基など),無機化学の基礎(周期表,各元素の各論),物理化学の基礎(物質の状態,化学反応とエネルギー,反応速度など),分析化学の基礎(分離分析法の各論,機器分析等),有機化学の基礎(炭化水素およびそれらの誘導体など)の講義をする.なお,講義は予習·復習を前提として行い,講義の理解度を確認するために小テストも数回行う.

キーワード 推奨
  1. 原子(atom)
  2. 分子(molecule)
  3. 元素(element)
  4. 化学反応(chemical reaction)
先行科目 推奨
関連科目 推奨
  1. 基礎物理学/基礎物理学I·物理学概論([2007/[徳島大学]/基礎科目群/[共通教育]])
    関連度 任意
  2. 基礎化学/基礎化学I·物理化学(化学平衡と反応速度論)([2007/[徳島大学]/基礎科目群/[共通教育]])
    関連度 任意
  3. 基礎化学/基礎化学i·化学結合論([2007/[徳島大学]/基礎科目群/[共通教育]])
    関連度 任意
注意 任意

(日) 授業で出てくる化学の専門用語は,化学における常識的なものであるので,予習·復習でよく理解すること.

目標 必須
  1. (日) 原子・分子の構造について理解すること.

  2. (日) 化学反応に伴うエネルギー収支について理解すること.

  3. (日) 化学反応における熱力学の基本法則について説明できるようになること.

計画 必須
  1. (日) 化学の基礎1 原子の構造,原子の電子配置,周期律,イオン化エネルギー,電子親和力

  2. (日) 化学の基礎2 化学結合(イオン結合,共有結合,配位結合,金属結合)

  3. (日) 化学の基礎3 分子構造,混成軌道,分子の極性,電気陰性度,水素結合

  4. (日) 化学の基礎4 溶液(溶解度,濃度,束一的性質)

  5. (日) 化学の基礎5 酸·塩基(定義,中和反応と加水分解,緩衝溶液)

  6. (日) 物理化学の基礎1 物質の状態,気体(気体分子の運動,理想気体,実在気体)

  7. (日) 物理化学の基礎2 状態の変化 液体と固体,状態の変化とエネルギー

  8. (日) 物理化学の基礎3 化学反応とエネルギー(内部エネルギー,熱力学第一法則,エンタルピー)

  9. (日) 物理化学の基礎4 熱力学第二法則(エントロピー,自由エネルギー,束縛エネルギー)

  10. (日) 物理化学の基礎5 反応速度(速度定数,反応の次数,半減期,活性化エネルギー)

  11. (日) 有機化学の基礎1 炭化水素(脂肪族炭化水素,芳香族炭化水素,異性体の分類,立体異性体)

  12. (日) 有機化学の基礎2 炭化水素の誘導体(有機ハロゲン化物,アルコール,フェノール,エーテル)

  13. (日) 有機化学の基礎3 炭化水素の誘導体(アミンとニトロ化合物,アルデヒドとケトン,カルボン酸)

  14. (日) 有機化合物の利用

  15. (日) 試験

  16. (日) 総括授業

評価 必須

(日) 期末試験(60 %),小テスト(30 %),授業への取り組み(10 %)で評価する.

再評価 必須

(日) 有

対象学生 不用 開講コース学生のみ履修可能
教科書 必須
  1. (日) 教科書: 一般化学 H.G. Burman著 東京化学同人 1,800円

参考資料 推奨
URL 任意
連絡先 推奨
  1. 阪間 稔([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健学域.保健科学部門.放射線科学系.放射線理工学]/[徳島大学.医学部.保健学科.放射線技術科学専攻.医用放射線科学講座])
    オフィスアワー 任意

    (日) 毎週 金曜日 17時∼18時 電気系実習準備室(保健学科棟北側2階)

科目コード 推奨
備考 任意