徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2007/生活と社会/政治とメディア

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
151831
EOID
497801
Map
0
LastModified
2009年12月28日(月) 18:38:59
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[センター長]/[全学共通教育センター]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 全学共通教育 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2007年 (平成 19年)
名称 必須 (英) Living and Society / (日) 生活と社会 / (読) せいかつとしゃかい
題目 必須 (英) Politics and Media / (日) 政治とメディア
形態 推奨
コース 必須
  1. 2007/[徳島大学]/教養科目群/[共通教育]
担当教員 必須
  1. 饗場 和彦([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.社会総合科学域.公共政策系.法律・政治分野]/[徳島大学.総合科学部.社会総合科学科.公共政策コース])
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) 政治の一つの本質は「権力」にあるが,マス·メディアは「第4の権力」とも言われ,政治と密接な関係がある.また,自由な報道は国民の知る権利,思想/信条の自由をささえるため,民主的な政治制度においては不可欠であるが,他方,プライバシーの問題をはじめ多くの批判もある.この授業では,こうした政治とメディアの問題について,具体的なテーマを取り上げつつ,基本的な知識と考え方を学ぶ.

概要 必須

(日) 政治とメディアに関する基本的な概念,考え方を理解すると同時に,具体的な問題について知識を深める.筆者は以前,新聞記者をしていたので,その経験に基いた視点からも解説する.国内政治,国際政治を問わず,適宜,時事ニュースも扱う.実際の新聞記事やテレビ映像も多く紹介する.

キーワード 推奨
  1. 政治(politics)
  2. メディア(media)
先行科目 推奨
関連科目 推奨
注意 任意

(日) イラク問題のテーマを扱う際,現地で支援活動をしているNGO(東京)の代表が話題提供を行う予定.一般のメディアでは流れない映像も紹介される.「これまでの人生の中で一番感動した話だった」(過去の受講者の感想)と,毎回反響が大きい.また,日頃から新聞やテレビの報道に関心を持つように.

目標 必須
  1. (日) 現代社会における政治の問題と,メディアの問題について関心を深め,基礎的な知識,考え方を修得する.

計画 必須
  1. (日) イントロダクション

  2. (日) 政治とは何か ―地球上にあなた一人しかいないなら政治は必要か(前)―

  3. (日) 政治とは何か ―地球上にあなた一人しかいないなら政治は必要か(後)―

  4. (日) 新聞の読み方 ―各紙こんなに違う?活字を信じすぎるな(前)―

  5. (日) 新聞の読み方 ―各紙こんなに違う?活字を信じすぎるな(中)―

  6. (日) 新聞の読み方 ―各紙こんなに違う?活字を信じすぎるな(後)―

  7. (日) 政府と市民 ―日本はどんどん「茶色」になっている?(前)―

  8. (日) 政府と市民 ―日本はどんどん「茶色」になっている?(後)―

  9. (日) メディアの功罪 ―イラク戦争の実態を私たちは知っているか(前)―

  10. (日) メディアの功罪 ―イラク戦争の実態を私たちは知っているか(後)―

  11. (日) 国家と戦争 ―靖国神社に参拝すべきか(前)―

  12. (日) 国家と戦争 ―靖国神社に参拝すべきか(後)―

  13. (日) 憲法改正 ―あなたは護憲派?改憲派?(前)―

  14. (日) 憲法改正 ―あなたは護憲派?改憲派?(後)―

  15. (日) まとめと補足説明

評価 必須

(日) 期末の試験はあらかじめ問題を提示するので,試験日までに準備し,当日は持ち込み禁止で解答する.また,平常点として授業姿勢と出席状況を評価する.おおむね試験60%,平常点40%.

再評価 必須

(日) 有り.

教科書 必須
  1. (日) 教科書は特に指定しない.授業中に配布する資料などにそって講義を進める.参考書などは,たとえば以下の書籍など.『政治学がわかる.』(朝日新聞社,2003年),『新マスコミ学がわかる.』(朝日新聞社,2001年),加藤秀治郎·中村昭雄『スタンダード政治学(新版)』(芦書房,1999年),馬渕勝他『はじめて出会う政治学』(有斐閣,1997年),高木徹『戦争広告代理店』(講談社,2002年)など.

参考資料 推奨
URL 任意
連絡先 推奨
  1. 饗場 和彦([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.社会総合科学域.公共政策系.法律・政治分野]/[徳島大学.総合科学部.社会総合科学科.公共政策コース])
    オフィスアワー 任意

    (日) 金曜日16時ごろから19時ごろ(この時間以外でも在室時はいつでも可),総合科学部1号館2階北棟

科目コード 推奨
備考 任意