徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2007/地域社会論III(社会変動特論)

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
151340
EOID
581279
Map
0
LastModified
2011年4月11日(月) 17:55:00
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員長]/[徳島大学.人間·自然環境研究科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 人間・自然環境研究科 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2007年 (平成 19年)
名称 必須 (日) 地域社会論III(社会変動特論) / (読) ちいきしゃかいろん しゃかいへんどうとくろん
形態 不用
  1. 講義
コース 必須
  1. 2007/[徳島大学.人間·自然環境研究科.人間環境専攻]/選択科目 経済社会/[修士課程]
担当教員 必須
  1. 樋口 直人
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) 「セキュリティ」は,新世紀に入った世界を読み解くキーワードの1つとなった.従来,セキュリティ=安全保障とセキュリティ=治安は別個のものとして扱われてきたが,9.11同時多発テロや「外国人犯罪」のフレームアップにより,両者は急速に接近しつつある.この講義では,特にセキュリティ(治安=安全保障)とリスク,移民政策との関係を念頭におきながら,新たな局面を理解することを目的とする.

概要 必須

(日) この講義では,近年の犯罪社会学に関わる主要な文献を輪読していく.なぜ急速にセキュリティがキーワードとなったのか,治安と安全保障がなぜ結び付けられるのか,それとマクロな社会構造との関連はどのようなものか,そうした問いを念頭において解説を加えていく.

キーワード 推奨
  1. (日) 治安
  2. (日) 犯罪
  3. セキュリティ(security)
  4. 移民(migrant)
先行科目 推奨
関連科目 推奨
要件 不用

(日) 受講者の英語能力にもよるが,できれば英語の犯罪社会学に関する文献も読みたいと考えている.ただし,英語の読解能力は必須条件ではない.

注意 任意

(日) 受講する方は,初回の授業の前に相談に来て下さい.

目標 必須
  1. (日) 現代社会の特質を,セキュリティというキーワードを通じて理解する.

  2. (日) ·細分化された社会科学の領域を横断するような概念の理解を通じて,広くものごとをとらえる視点をはぐくむ.

  3. (日) ·英語の文献を読むことにより,社会科学の原典を読む力を養う.

計画 必須
  1. (日) 教材として指定したものを中心に,関連する文献を,まず和文のものから一通り読んでいく.これで受講回数の半分くらいを費やす(読む文献の主なものについては,教科書·参考書を参照).そのうえで,英語の教科書を毎回1章ずつ読み進めていく.

評価 必須

(日) 出席と発表による.

再評価 必須
教科書 必須
  1. (日) G.L.ケリング&C.M.コールズ『割れ窓理論による犯罪防止』文化書房博文社

  2. (日) 酒井隆史『自由論』青土社

  3. (日) D.ライアン『監視社会』青土社

  4. (日) 小倉利丸編『グローバル化と監視警察国家への抵抗』樹花舎

  5. (日) 河合幹雄『安全神話崩壊のパラドックス』岩波書店

  6. (英) Jock Young, The Exclusive Society, Polity, 1998.

参考資料 推奨
  1. (日) 外国人差別·ウォッチネットワーク編『外国人包囲網──「治安悪化」のスケープゴート』現代人文社

URL 任意
連絡先 推奨
  1. 樋口 直人
    オフィスアワー 任意

    (日) 前期 水曜日12∼13時,研究室1号館南棟2F,VYW03403@nifty.ne.jp

科目コード 推奨
備考 任意
  1. (日) 今年度開講せず