徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2007/経済社会理論特論/経済のグローバル化の中での格差社会の出現

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
151292
EOID
581800
Map
0
LastModified
2011年4月11日(月) 18:04:35
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員長]/[徳島大学.人間·自然環境研究科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 人間・自然環境研究科 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2007年 (平成 19年)
名称 必須 (日) 経済社会理論特論 / (読) けいざいしゃかいりろんとくろん
題目 不用 (日) 経済のグローバル化の中での格差社会の出現
形態 不用
  1. 演習
コース 必須
  1. 2007/[徳島大学.人間·自然環境研究科.人間環境専攻]/選択科目 経済社会/[修士課程]
担当教員 必須
  1. 吉田 浩
    肩書 任意 教授([教職員.教員.本務教員]/[常勤])
単位 必須 2
目的 必須

(日) 日本では1990年代以降の経済のグローバル化の進展とともに,企業は多国籍企業化していき,生産拠点を海外に移していった.それとともに失業者はふえ,労働条件の劣悪な非正規労働者が顕著に増大をしてきた.他面において正規労働者にも過剰なまでの労働が強制され,福祉はけずられ,職場は過酷なものとなってきた.そういうなかで格差が国民の中に進展してきて,わが国は格差社会となってきたということが,最近に至って話題となり,深刻な問題となってきている.この授業では格差社会の実態の把握と,格差が生じてきた原因と,それを克服する可能性とを探求していく.このような状況は日本にのみ特有なものではなくて,アメリカこそが先行しているのであって,それゆえアメリカの実態をも常に把握しつつ研究していく.加えてこれらの問題を,世界経済のグローバル化とつねに関連付けて捉えていく.

概要 必須

(日) 以上のテーマに深く関係している文献をとりあげ,ゼミナール形式でこれらの文献を検討していく.とりあげる文献は〔授業計画〕の項に記してある.

キーワード 推奨
  1. (日) 世界経済のグローバル化
  2. (日) 働きすぎの時代
  3. (日) 格差社会
  4. (日) 雇用の未来
先行科目 推奨
関連科目 推奨
  1. 経済理論特論([2007/[徳島大学.人間·自然環境研究科.人間環境専攻]/選択科目 経済社会/[修士課程]])
    関連度 任意 1.000000
  2. 経済理論特論演習([2007/[徳島大学.人間·自然環境研究科.人間環境専攻]/選択科目 経済社会/[修士課程]])
    関連度 任意 1.000000
注意 任意

(日) 新聞報道等々に常に注目をして,国内外の経済状況,社会状況に敏感であってほしい

目標 必須
  1. (日) 格差社会が進展した原因と,その克服とに対する洞察を深める.

計画 必須
  1. (日) マンフレッド・B・スティーガー著,『グローバリゼーション』(岩波書店)

  2. (日) 同上

  3. (日) 同上

  4. (日) アンソニー・ギデンズ著『暴走する世界』(ダイヤモンド社)

  5. (日) 同上

  6. (日) 同上

  7. (日) 森岡孝二著『働きすぎの時代』(岩波新書)

  8. (日) 同上

  9. (日) 同上

  10. (日) 川人博著『過労自殺』(岩波新書)

  11. (日) 同上

  12. (日) 同上

  13. (日) 『仕事が終わらない』(新日本出版社)

  14. (日) 同上

  15. (日) 同上

  16. (日) 総括

評価 必須

(日) 毎回の授業における努力の積み重ねで評価していく

再評価 必須

(日) なし

対象学生 不用

(日) 1,2年生

教科書 必須
  1. (日) 授業計画の項で指摘しておいた.教科書が手に入らない場合はコピーをして手渡す

参考資料 推奨
  1. (日) 授業中に適宜紹介をしていく

URL 任意
連絡先 推奨
  1. 吉田 浩
    オフィスアワー 任意
  2. (日) 木曜日18時∼19時30分の講義時間
    オフィスアワー 任意
科目コード 推奨
備考 任意