徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2007/ニュービジネス特論

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
151173
EOID
579601
Map
0
LastModified
2011年4月11日(月) 15:19:40
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員長]/[徳島大学.人間·自然環境研究科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 人間・自然環境研究科 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2007年 (平成 19年)
名称 必須 (日) ニュービジネス特論 / (読) にゅーびじねすとくろん
コース 必須
  1. 2007/[徳島大学.人間·自然環境研究科]/人間環境専攻·自然環境専攻 研究科共通科目 現代科学基礎領域/[修士課程]
担当教員 必須
  1. 水島 多喜男
    肩書 任意
  2. 矢野 剛
    肩書 任意
  3. 肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) ニュービジネスとは,新しいアイデアや専門的な知識·技術を駆使して創造的に展開される事業を意味する言葉であり,その主たる担い手はベンチャーと呼ばれる企業である.この授業の目的は,受講生がベンチャー企業を起業するために必要とされる知識,ノウハウ,そしてスピリットを提供することにある.

概要 必須

(日) 活力ある日本社会の再生が求められている.こうした要請を受け,政府は平成14∼16年度にかけて「大学発ベンチャー3年1000社計画」を実施し,その目標はほぼ達成されたが,今後も継続的に起業家教育を推進していくことの重要性には変わりはない.この授業は,こうした認識にもとづいて,徳島県が支援して開設された「学生創業支援講座」である.

キーワード 推奨
  1. (日) ベンチャー企業
  2. (日) 起業家教育
  3. (日) ビジネスプラン
先行科目 推奨
関連科目 推奨
要件 不用

(日) 学部で「ニュービジネス概論」の単位を修得していない者のうち,授業開始時間までに教室入りできる者,グループを編成しビジネスプランを作成する意思がある者に限り受講を認める.

注意 任意

(日) 遅刻や授業中の私語は厳禁.

目標 必須
  1. (日) ベンチャービジネスを起業するために必要な知識を習得すること

  2. (日) ビジネスプランが作成できるようになること

計画 必須
  1. (日) ガイダンス

  2. (日) 基調講演

  3. (日) 独立型ベンチャー成功のための理論

  4. (日) 起業者に必要な法知識

  5. (日) 資金調達と資本政策

  6. (日) 間接金融

  7. (日) 直接金融

  8. (日) 会社経営の基礎

  9. (日) 企業会計の基礎知識

  10. (日) ビジネスプラン作成のポイント

  11. (日) 経営戦略とマーケティング

  12. (日) 製品開発と知的財産権

  13. (日) ビジネスプラン作成実習(1)

  14. (日) ビジネスプラン作成実習(2)

  15. (日) 期末試験

  16. (日) ビジネスプラン発表会

評価 必須

(日) 到達目標の達成度を評価する.授業計画のうち,4∼13は期末試験(60点分)で,14はビジネスプランのレポート(40点分)で評価する.合計で60点以上であれば合格とする.また,筆記試験およびビジネスプランの提出は,開講された授業の3分の2以上に出席した受講生にのみ認めるものとする.

再評価 必須
教科書 必須
  1. (日) 教科書:特に使用しない.授業中にレジュメを配布する.

  2. (日) 参考書:要請があれば矢野が相談にのります.オフィスアワー時間に産業経済論研究室(下記参照)まで来てください.

参考資料 推奨
URL 任意
連絡先 推奨
  1. 矢野 剛
    オフィスアワー 任意

    (日) オフィスアワー:毎週金曜日12時∼13時(事前にアポイントをとること),研究室:産業経済論研究室(総合科学部1号館中棟2階),Eメールアドレス:yano@ias.tokushima-u.ac.jp

科目コード 推奨
備考 任意
  1. (日) 受講希望者多数の場合は人数調整を行う場合がある.