徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2007/生活環境論

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
151147
EOID
374355
Map
0
LastModified
2007年12月26日(水) 22:24:19
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員長]/[徳島大学.人間·自然環境研究科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 人間・自然環境研究科 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2007年 (平成 19年)
名称 必須 (英) Society and Environment / (日) 生活環境論 / (読) せいかつかんきょうろん
コース 必須
  1. 2007/[徳島大学.人間·自然環境研究科]/人間環境専攻·自然環境専攻 研究科共通科目 環境基礎領域/[修士課程]
  2. 2007/[徳島大学.人間·自然環境研究科]/臨床心理学専攻 研究科共通科目/[修士課程]
担当教員 必須
  1. 齊藤 隆仁([徳島大学.教養教育院])
    肩書 任意 助教授([教職員.教員.本務教員]/[常勤]/平成19年3月31日までの肩書/〜2007年3月末日)
  2. 水島 多喜男
    肩書 任意 教授([教職員.教員.本務教員]/[常勤])
  3. 寺尾 博充
    肩書 任意 教授([教職員.教員.本務教員]/[常勤])
単位 必須 2
目的 必須

(日) 今後の人間の生存に深くかかわるエネルギー,資源,リサイクルなどの生活環境に関わる問題について認識を深めたい.それぞれの問題を科学,経済,政治,生活意識など多面的な側面から検討し,異分野の学生間であるいは教員と討論を重ねることで,大学院における自分の研究が社会とどう結びついているかについての意識を高めることを目的とする.

概要 必須

(日) 教員·学生が共通の場で討論を行うことで上記の目的を達成したい.そのために次のいくつかの種類の討論の場を設ける.(1)各教員がそれぞれの専門の立場から報告し,討論する.(2)共通の話題について学生も教員も調べてきて,それぞれが発表を行い,討論する.(3)学生が自分の研究を通じてどのように社会に貢献できるかを発表を行い,討論する.また,必要に応じて研究室等の見学を行う.

キーワード 推奨
  1. (日) 環境 / (読) かんきょう
  2. (日) 生活 / (読) せいかつ
  3. (日) 科学 / (読) かがく
先行科目 推奨
関連科目 推奨
注意 任意

(日) 院生らしい自由闊達な意見交換を期待します.

目標 必須
  1. (日) 提示された問題領域とそこでの課題を踏まえ,各自の専攻にできるだけ関連させる形で環境についての自分自身の考えをまとめる.

計画 必須
  1. (日) ガイダンスと教員の自己紹介

  2. (日) 学生の自己紹介(2回程度)

  3. (日) 斉藤隆仁(物理) からの報告.地球温暖化をキーワードとして,二酸化炭素サイクルについて考えるとともに,水素貯蔵·超伝導といった技術がどのように環境に貢献できるかを考えていく.

  4. (日) 水島多喜男(中東経済)からの報告.エネルギーの利用は,利用を可能にする技術だけでなく,コストによっても大きく影響される.また,エネルギーの供給は,産業として大きな利益を生み出し,国家の経済運営の基幹にかかわるため,政治経済的利害によっても大きな影響を被る.このような点を社会科学的立場から考えてゆく.

  5. (日) 寺尾博充( 化学)からの報告.空気中の窒素から直接アンモニアを合成する,ハーバー·ボッシュ法の開発は,食糧増産と人口増大に寄与した反面,第一次世界大戦におけるドイツの戦争遂行を可能にした.また,現在では過剰な窒素化合物の流出が環境に与える影響が懸念されている.科学技術の進歩のもたらす光と影の部分について考えていく.

  6. (日) 共通の話題について学生·教員の発表·討論(4回程度)

  7. (日) 学生による発表·討論(3回程度)

評価 必須

(日) 授業への取り組みと,発表により行う.

再評価 必須
教科書 必須
  1. (日) 適宜資料を配付する

参考資料 推奨
URL 任意
連絡先 推奨
  1. 齊藤 隆仁([徳島大学.教養教育院])
    オフィスアワー 任意

    (日) オフィス·アワー:金 12:00∼13:00

  2. 水島 多喜男
    オフィスアワー 任意

    (日) オフィス·アワー:各授業の後か,メールで連絡をとった後に訪問するようにしてください.

  3. 寺尾 博充
    オフィスアワー 任意

    (日) 火曜日12時∼13時

科目コード 推奨
備考 任意