徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2007/言語環境概論

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
151141
EOID
374349
Map
0
LastModified
2007年12月26日(水) 22:24:14
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員長]/[徳島大学.人間·自然環境研究科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 人間・自然環境研究科 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2007年 (平成 19年)
名称 必須 (日) 言語環境概論 / (読) げんごかんきょうがいろん
コース 必須
  1. 2007/[徳島大学.人間·自然環境研究科]/人間環境専攻·自然環境専攻 研究科共通科目 環境基礎領域/[修士課程]
  2. 2007/[徳島大学.人間·自然環境研究科]/臨床心理学専攻 研究科共通科目/[修士課程]
担当教員 必須
  1. 石田 基広([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.社会総合科学域.地域情報系.情報・表現分野]/[徳島大学.総合科学部.社会総合科学科.地域創生コース])
    肩書 任意
  2. 大渕 朗([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.数理科学系.数理情報分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用理数コース.数理情報講座])
    肩書 任意
  3. 岸江 信介
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) 大学院では特に専門分野の研究にのみ集中しがちですが,現象,事象を正しく理解するには,それぞれの学問分野を深く究めることのみならず,広い視野を育成することも大変必要な事です.その為,本講義に於いては音響学,音声学,言語学,数学の夫々の立場から「音」と言うテーマに於いて,どの様なアプローチが可能であるかの提示を行い,受講生に皆さんには,実際にその提示に基づき調査·発表を行ってもらいます.

概要 必須

(日) 「音」と言うテーマに関して,理系,文系を問わずに様々な専門分野からのアプローチを試みる.

キーワード 推奨
先行科目 推奨
関連科目 推奨
注意 任意

(日) 受講生は以上の資料などに基づく調査·発表を一回乃至二回行ってもらう必要があります.第一回の講義に於いてその振り分けを行います.

目標 必須
  1. (日) 講義は以下の内容に関して実際に受講生自身に調査·研究発表してもらう.

計画 必須
  1. (日) 講義は以下の内容に関して実際に受講生自身にも調査·研究発表してもらう.

  2. (日) 石田基広

  3. (日) 主テーマ:言語およびテキストを計量的に分析する.

  4. (日) 1) 言語あるいはテキストの何を,どのように測るのか

  5. (日) 2) 計測値にどのような意味があるのか

  6. (日) 3) 計測値をどのように解析するのか,あるいは解析できるのか

  7. (日) 4) 解析結果はどのように解釈すべきか,あるいは解釈できるのか

  8. (日) 5) 問題点と応用

  9. (日) 教科書,配布資料は未定です.

  10. (日) 大渕朗

  11. (日) 主テーマ:数学的な側面から言語の分析を行う.

  12. (日) 1) 言語の形式化

  13. (日) 2) 様々な理論の存在,また相手の理論に対する誹謗中傷

  14. (日) 3) 数理的な分析の厳密性と限界に関して

  15. (日) 4) どのような未解決問題があるか

  16. (日) 5) 計算機との関係

  17. (日) 配布資料を用意するつもりです.

  18. (日) 3.岸江信介

  19. (日) 主テーマ:音声を分析する

  20. (日) 1) 音声を科学する(Peter Ladefoged「音響音声学入門」を読む)

  21. (日) 2) 音声分析ソフト「音声録聞見」を使う

  22. (日) 3) 音声分析―母音と子音―

  23. (日) 4) 音声分析ソフトによるアクセント·イントネーションの分析

  24. (日) 5) 四国諸方言アクセントの音声分析

  25. (日) 教科書:プリントを配布予定.

評価 必須

(日) 講義への取り組み姿勢(質問への対応,出席状況等含む)と,レポートを総合的に判断して評価します.

再評価 必須
教科書 必須
  1. (日) 教材あるいは参考書については,各々の教官が講義で紹介します.

参考資料 推奨
URL 任意
連絡先 推奨
  1. 石田 基広([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.社会総合科学域.地域情報系.情報・表現分野]/[徳島大学.総合科学部.社会総合科学科.地域創生コース])
    オフィスアワー 任意

    (日) 火曜日 11:55∼12:50·総科1号館·ishida-m@ias.tokushima-u.ac.jp

  2. 大渕 朗([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.数理科学系.数理情報分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用理数コース.数理情報講座])
    オフィスアワー 任意

    (日) 月曜日 11:55∼12:50·総科1号館·ohbuchi@ias.tokushima-u.ac.jp

  3. 岸江 信介
    オフィスアワー 任意

    (日) 水曜日 13:00∼14:00·総科1号館·kishie@ias.tokushima-u.ac.jp

科目コード 推奨
備考 任意