徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2007/プログラミング方法論

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
150864
EOID
373071
Map
[2006/プログラミング方法論]
LastModified
2007年12月26日(水) 21:29:40
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.知能情報工学科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 工学部•夜間主 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2007年 (平成 19年)
名称 必須 (英) Programming Methodology / (日) プログラミング方法論 / (読) ぷろぐらみんぐほうほうろん
形態 不用
  1. 講義および演習
コース 必須
  1. 2007/[徳島大学.工学部.知能情報工学科]/[夜間主コース]
担当教員 必須
  1. 下村 隆夫
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) 品質の高いソフトウェアを効率よく開発するためのプログラミング方法論について講義し,例題,課題を与えて演習を行い,プログラミングに必要な技術を修得させる.

概要 必須

(日) オブジェクト指向,UML,例外,スレッド,イベント,GUI,ソケット通信等,インターネットプログラミングに必要な知識,技術について体系的に解説する.

キーワード 推奨
  1. (日) Java
  2. (日) スレッド
  3. (日) GUI
  4. (日) ネットワーク通信
先行科目 推奨
  1. コンピュータ入門1([2007/[徳島大学.工学部.知能情報工学科]/[夜間主コース]]/->授業概要[2006/コンピュータ入門1])
    必要度 任意
  2. コンピュータ入門2([2007/[徳島大学.工学部.知能情報工学科]/[夜間主コース]])
    必要度 任意
  3. データ構造とアルゴリズム1([2007/[徳島大学.工学部.知能情報工学科]/[夜間主コース]]/->授業概要[2006/データ構造とアルゴリズム1])
    必要度 任意
  4. データ構造とアルゴリズム2([2007/[徳島大学.工学部.知能情報工学科]/[夜間主コース]]/->授業概要[2006/データ構造とアルゴリズム2])
    必要度 任意
関連科目 推奨
要件 任意

(日) 「コンピュータ入門1,2」,「データ構造とアルゴリズム1,2」を履修していることが望ましい.

注意 任意

(日) 「プログラミング方法論2」と連携して講義および演習を進める.

目標 必須
  1. (日) プログラミング言語に共通の概念や機能を習得させることにより,ソフトウェア開発能力を育成する.(授業計画1∼15,および,定期試験による)

計画 必須
  1. (日) Javaプログラムの構造

  2. (日) オブジェクト指向プログラミング

  3. (日) 入出力処理

  4. (日) 例外処理

  5. (日) スレッド

  6. (日) 排他制御

  7. (日) イベント処理

  8. (日) ネイティブ言語の呼び出し

  9. (日) GUIコンポーネント

  10. (日) レイアウト

  11. (日) ペイン

  12. (日) ダイアログ

  13. (日) グラフィックス

  14. (日) アニメーション

  15. (日) HTML

  16. (日) 定期試験

評価 必須

(日) 授業への参加姿勢,毎回課すレポート,および,定期試験の成績を総合して行う.平常点と定期試験の比率は3:7とする.

対象学生 任意 開講コース学生のみ履修可能
教科書 必須
  1. (日) 開講前に,掲示により教科書を指定する.

参考資料 推奨
  1. (日) 下村隆夫著「Javaによるインターネットプログラミング」近代科学社

  2. (日) 下村隆夫著「上級プログラマへの道」コロナ社

URL 任意
連絡先 推奨
  1. 下村 隆夫
    オフィスアワー 任意

    (日) 水曜日15:00∼18:00

科目コード 推奨
備考 任意
  1. (日) Webブラウザで必要な情報を参照しながらプログラムを作成し,レポートとしてまとめ,電子メールで提出してもらう.

この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です