徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2007/非線形光学デバイス論

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
150772
EOID
372228
Map
[2006/非線形光学デバイス論]
LastModified
2007年12月26日(水) 18:50:33
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.光応用工学科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 先端技術科学教育部 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2007年 (平成 19年)
名称 必須 (英) Nonlinear Optical Devices / (日) 非線形光学デバイス論 / (読) ひせんけいこうがくでばいすろん
形態 推奨
  1. ポートフォーリオ
コース 必須
  1. 2007/[徳島大学.先端技術科学教育部.システム創生工学専攻.光システム工学コース]/[博士後期課程]
担当教員 必須
  1. 福井 萬壽夫
    肩書 任意
  2. 原口 雅宣([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.光応用系.光機能材料分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.光機能材料講座]/[徳島大学.ポストLEDフォトニクス研究所])
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(英) To understand the principle, tipical structure, advantages and disadvantages of current nonlinear optical devices. To develop ability to design new devices and solve verious problems for applications.

(日) 多様な非線形光学デバイスの構造,動作原理,特徴,問題点を深く理解し,開発力やこれらを有効に活用できる能力を育成する.

概要 必須

(英) Physics of second-order and third-order nonlinear optical phenomena. Principles of electro-optics. Optical nonlinearities in fibers. Photorefractive materials. Nonlinear optical media. Anisotropic nonlinear optical media. Dispersive nonlinear optic media. Coupled-wave theory. Electro-optic and acousto-optic devices. Second-order and third-order nonlinear optic devices. Photonic switches. All-optical switches. Bistable optical devices. Optical connections.

(日) 非線形光学現象の物理,非線形光学現象を利用した電気光学効果デバイス,音響光学効果デバイス,2次非線形光学デバイス,3次非線形光学デバイス,光ソリトンデバイス,光スイッチ,光双安定デバイス,光接続デバイスについて講述する. (福井萬壽夫教授)特に,2次,3次非線形光学現象の光物性を講義する.さらに,そのような光物性を利用した電気光学·音響光学効果デバイス,2次非線形光学デバイスの原理,開発状況,問題点を講述する. (原口雅宣准教授)3次非線形光学現象の光デバイスへの応用の重要性を講義し,それに関連した光デバイス(光AND,光ORなど),光スイッチ等の原理,開発状況,問題点を講述する.

キーワード 推奨
  1. (英) nonlinear optics / (日) 非線形光学
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 非線形光学 (nonlinear optics)
  2. (英) harmonic generation
  3. (英) nonlinear optical device
  4. (英) optical switch
先行科目 推奨
関連科目 推奨
  1. 無機光機能材料論([2007/[徳島大学.先端技術科学教育部.システム創生工学専攻.電気電子創生工学コース]/[博士後期課程]]/->授業概要[2006/無機光機能材料論])
    関連度 任意
  2. 光学結晶成長学([2007/[徳島大学.先端技術科学教育部.システム創生工学専攻.光システム工学コース]/[博士後期課程]]/->授業概要[2006/光学結晶成長学])
    関連度 任意
要件 任意

(英) Student should have fundamental knowledge of electromagnetic theory, waveoptics, optical properties of materials and lasers.

(日) 電気磁気学,波動光学,光物性,レーザに関する基本的知識があること.

注意 任意

(英) The following plan of this course is a example. Plans may be modified depending on knowledges and experiences of studens.

(日) この講義計画は一例であって,受講者の知識や経験によって,変更されることがあります.

目標 必須
  1. (英) Possible to explain princiles, structure and characteristics of optoelectric devices.

    (日) 電気光学デバイスの原理と構造,特徴を説明できる.

  2. (英) Possible to explain princiles, structure and characteristics of the second-order nonlinear optical devices.

    (日) 2次の非線形光学効果を用いたデバイスの原理と構造,特徴を説明できる.

  3. (英) Possible to explain princiles, structure and characteristics of the third-order nonlinear optical devices.

    (日) 3次の非線形光学効果を用いたデバイスの原理と構造,特徴を説明できる.

計画 必須
  1. (英) Introduction & interview

    (日) イントロダクション

  2. (英) nonlinear optical phenomena

    (日) 非線形光学現象

  3. (英) Electrooptic effect and its applications

    (日) 電気光学効果と応用

  4. (英) Magnetooptic effect and its applications

    (日) 磁気光学効果とその応用

  5. (英) Acoustoptic effect and its applications

    (日) 音響光学効果と応用

  6. (英) principle of second-order nonlinear effects

    (日) 2次非線形光学効果の原理

  7. (英) Second-order nonlinear optical materials

    (日) 2次非線形光学材料

  8. (英) Second-order nonlinear optical devices

    (日) 2次非線形光学デバイス

  9. (英) principle of third-order nonlinear effects

    (日) 3次非線形光学効果の原理

  10. (英) third-order nonlinear optical materials

    (日) 3次非線形光学材料

  11. (英) Third-order nonlinear devices

    (日) 3次非線形光学デバイス

  12. (英) Experiment for nonlienar optical phenomena

    (日) 非線形光学現象の実験

  13. (英) Current application of nonlinear devices

    (日) 非線形光学デバイスの現状

  14. (英) Photonic crystal

    (日) フォトニック結晶

  15. (英) Integrated optical devices

    (日) 光集積回路

評価 必須

(英) Activity:20%, reports:40% and oral examinations:40%

(日) 積極性,レポート,口頭試問により評価する.

再評価 必須
対象学生 任意
教科書 必須
  1. (英) After interview, we will decide suitable text books.

    (日) 担当教員と相談の上定める.

参考資料 推奨
URL 任意
連絡先 推奨
  1. 原口 雅宣([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.光応用系.光機能材料分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.光機能材料講座]/[徳島大学.ポストLEDフォトニクス研究所])
    オフィスアワー 任意

    (日) 月曜16:30-17:30,木曜16:30-17:30

  2. 福井 萬壽夫
    オフィスアワー 任意
科目コード 推奨
備考 任意

この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です