徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2007/破壊·構造力学特論

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
150695
EOID
372195
Map
[2006/破壊·構造力学特論]
LastModified
2007年12月26日(水) 18:49:00
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.建設工学科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 先端技術科学教育部 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2007年 (平成 19年)
名称 必須 (英) Advanced Fracture and Structural Mechanics / (日) 破壊·構造力学特論 / (読) はかいこうぞうりきがくろくろん
形態 推奨
  1. 講義
コース 必須
  1. 2007/[徳島大学.先端技術科学教育部.知的力学システム工学専攻.建設創造システム工学コース]/[博士前期課程]
担当教員 必須
  1. 成行 義文
    肩書 任意
  2. 村上 理一
    肩書 任意
  3. 伊藤 照明
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(英) To understand method of matrix displacement analysis of plane framed structures which is widely used as a suitable method for computer programming.

(日) 平面骨組構造物のマトリックス変位法による解析方法を理解させ,例題の解説と演習問題を解かせて,その応用力を修得させる.

概要 必須

(英) First, method of matrix displacement analysis of plane framed structurs is explained. Next, some problems are given for exercises in analysis of them. Finally, term examination is set. This class is a seminar type using textbook written in English.

(日) 平面骨組構造物をコンピュータで解析するのに適したマトリックス変位法について解説し,演習問題を解かせて応用力を養成する. なお,教科書には,英文テキストを使用する.また,輪講形式の授業である.

キーワード 推奨
  1. (英) Framed structure / (日) 骨組構造
  2. (英) Matrix displacement method / (日) マトリックス変位法
  3. (英) Plane frame / (日) 平面構造
  4. (英) Elastic analysis / (日) 弾性解析
先行科目 推奨
  1. 構造の力学1及び演習([2007/[徳島大学.工学部.建設工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2006/構造の力学1及び演習])
    必要度 任意 1.000000
  2. 構造の力学2及び演習([2007/[徳島大学.工学部.建設工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2006/構造の力学2及び演習])
    必要度 任意 1.000000
  3. 構造の力学3及び演習([2007/[徳島大学.工学部.建設工学科]/[昼間コース]])
    必要度 任意 0.800000
  4. 構造解析学及び演習([2007/[徳島大学.工学部.建設工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2006/構造解析学及び演習])
    必要度 任意 0.800000
関連科目 推奨
  1. 建築構造特論([2007/[徳島大学.先端技術科学教育部.知的力学システム工学専攻.建設創造システム工学コース]/[博士前期課程]]/->授業概要[2006/建築構造特論])
    関連度 任意 0.500000
  2. 建設創造システム工学論文輪講([2007/[徳島大学.先端技術科学教育部.知的力学システム工学専攻.建設創造システム工学コース]/[博士前期課程]]/->授業概要[2006/建設創造システム工学論文輪講])
    関連度 任意 0.500000
要件 任意

(英) Students are required to have a good understanding of undergraduate-level structure mechanics.

(日) 構造力学の知識を有すること.

注意 任意

(英) Students have to prepare for each lesson.

(日) 十分に予習をしておくこと.

目標 必須
  1. (英) To understand method of matrix displacement analysis of plane frames

    (日) 平面骨組構造物のマトリックス変位法による解析方法を理解する.

計画 必須
  1. (英) Guidance/A few historical remarks

    (日) ガイダンス/構造解析法の変遷

  2. (英) Basic considerations of structural analysis 1

    (日) 構造解析に関する基礎事項1

  3. (英) Basic considerations of structural analysis 2

    (日) 構造解析に関する基礎事項2

  4. (英) Determinate and indeterminate structures/Methods of analysis 1

    (日) 静定および不静定構造物/構造解析法1

  5. (英) Methods of analysis 2

    (日) 構造解析法2

  6. (英) Displacement method

    (日) 変位法

  7. (英) Stiffness matrix of a bar element subjected to axial force

    (日) 軸力部材の剛性行列

  8. (英) Bar structure stiffness matrix

    (日) 軸力部材を組み合わせた構造物の剛性行列

  9. (英) Application of zero-displacement boundary conditions and problem solution

    (日) ゼロ変位境界条件の適用と問題の解

  10. (英) Some properties of stiffness matrices/Stiffness matrix of a bar element subjected to torsion

    (日) 剛性行列の特性/ねじりを受ける棒要素の剛性行列

  11. (英) Stiffness matrix of a beam element 1

    (日) はり要素の剛性行列1

  12. (英) Stiffness matrix of a beam element 2

    (日) はり要素の剛性行列2

  13. (英) Assembly of the structure stiffness matrix by the direct stiffness method 1

    (日) 直接剛性法による構造剛性行列の重ね合わせ1

  14. (英) Assembly of the structure stiffness matrix by the direct stiffness method 1

    (日) 直接剛性法による構造剛性行列の重ね合わせ2

  15. (英) Symmetrical geometry

    (日) 対称幾何学

  16. (英) Term examination

    (日) 期末試験

評価 必須

(英) Term examination and report are marked out of 60 and 40 respectively and those marks are summed up. The passing mark is 60.

(日) 期末試験の評点(40点満点)と和訳レポートの評点(60点満点)の合計が60点以上の場合を合格とする.

再評価 必須
対象学生 任意 開講コース学生のみ履修可能
教科書 必須
  1. (英) Matrix and finite element displacement analysis of structures, D.J.DAWE, Clarendon press, Oxford, 1984

    (日) Matrix and finite element displacement analysis of structures, D.J.DAWE, Clarendon press, Oxford, 1984

参考資料 推奨
  1. (英) To be introduced in the class

    (日) 授業の際に適宜紹介する.

URL 任意
連絡先 推奨
  1. 成行 義文
    オフィスアワー 任意

    (英) Monday16:20∼17:50

    (日) 月曜日16:20∼17:50

科目コード 推奨
備考 任意

この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です