徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2007/電気電子工学実験

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
150602
EOID
373025
Map
[2006/電気電子工学実験]
LastModified
2007年12月26日(水) 21:26:30
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 工学部•夜間主 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2007年 (平成 19年)
名称 必須 (英) Electrical and Electronic Engineering Laboratory / (日) 電気電子工学実験 / (読) でんきでんしこうがくじっけん
形態 不用
  1. 実験
コース 必須
  1. 2007/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]/[夜間主コース]
担当教員 必須
  1. 久保 智裕([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.電気電子系.電気電子システム分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.電気電子システムコース.電気電子システム講座])
    肩書 任意
  2. 下村 直行([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.電気電子系.電気エネルギー分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.電気電子システムコース.電気エネルギー講座])
    肩書 任意
  3. 北條 昌秀([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.電気電子系.電気エネルギー分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.電気電子システムコース.電気エネルギー講座])
    肩書 任意
  4. 芥川 正武([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.電気電子系.電気電子システム分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.電気電子システムコース.電気電子システム講座])
    肩書 任意
  5. 敖 金平([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.電気電子系.物性デバイス分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.電気電子システムコース.物性デバイス講座])
    肩書 任意
  6. 川上 烈生([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.電気電子系.物性デバイス分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.電気電子システムコース.物性デバイス講座])
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) 電気電子工学に関する実験を通じて,必要な実験操作方法や理論の基礎に関する理解を深める.各種機器の取扱い方法を習得する.また技術ドキュメントの作製に慣れる.さらに様々な実験を通し,安全意識(安全教育),科学者·技術者としての倫理観の芽生えを促す.

概要 必須

(日) 各実験の概要については実験計画を参照のこと.

キーワード 推奨
  1. (英) electric circuit / (日) 電気回路
  2. (英) electronic circuit / (日) 電子回路
  3. (英) electrical machines / (日) 電気機器
  4. (英) semiconductor process / (日) 半導体プロセス
  5. (英) instrumentation/control / (日) 計測·制御
先行科目 推奨
  1. 電気数学([2007/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]/[夜間主コース]]/->授業概要[2006/電気数学])
    必要度 任意 1.000000
  2. 電気回路1([2007/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]/[夜間主コース]]/->授業概要[2006/電気回路1])
    必要度 任意 1.000000
  3. 電気磁気学1([2007/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]/[夜間主コース]]/->授業概要[2006/電気磁気学1])
    必要度 任意 1.000000
関連科目 推奨
  1. 計測工学([2007/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]/[夜間主コース]]/->授業概要[2006/計測工学])
    関連度 任意 1.000000
要件 任意

(日) 特に定めないが,各実験課題の対応する講義を習得していることが望ましい.

注意 任意

(日) すべての実験について実験報告書の提出が求められる.すべての実験を行い,すべての報告書が合格した人のみ単位が与えられる.

目標 必須
  1. (日) 実験対象の原理および特性を理解すること.

  2. (日) 計画的かつ安全に実験を実行し,実験対象の特性の検証に必要なデータの収集ができること.

  3. (日) 実験内容に基づいた理論的な技術ドキュメントの作成ができること.

計画 必須
  1. (日) インピーダンスの測定(1週) 電気抵抗,コイルのインダクタンス,コンデンサのキャパシタンスを実測する.

  2. (日) 共振特性(1週) 直列共振回路および相互誘導による結合回路の電圧電流を測定して共振現象を調べる.

  3. (日) 交流磁化特性(1週) 環状鉄心資料の交流磁化特性をオシロスコープによって実測し,磁気現象について調べる.

  4. (日) オシロスコープ(1週) ブラウン管オシロスコープの性能,構成および取扱方法を知り,種々の信号を測定する.

  5. (日) トランジスタの特性(1週) 接合トランジスタの基本回路の静特性と電界効果型トランジスタの特性を測定し,動作原理を理解する.

  6. (日) 薄膜の作製とその評価(I)(II)(2週) 半導体デバイスプロセスを実際に体験し,作製の各段階における評価方法を通じて,物理計測について学ぶ.

  7. (日) 単相三線式線路の試験(1週) 模擬単相三線式配電線路を用いて単相三線式配電方式の電気的特性を実験的に求め,理論と特性を理解する.

  8. (日) 直流分巻電動機(1週) 直流分巻電動機の始動方法および速度制御方法について習得し,実負荷試験を行いその性質を調べる.

  9. (日) ディジタルICの特性(1週) 代表的なディジタル集積回路(IC, Integrated-Circuit)であるTTL-NAND回路及びCMOS-NAND回路の特性を調べる.

  10. (日) 液位のPID制御(1週) タンク系の場合のプロセス(制御対象)の特性を推定し,これに基づいてPID制御を行う実験をする.

評価 必須

(日) 実験報告書(レポート)で成績を評価する.

対象学生 任意 開講コース学生のみ履修可能
教科書 必須
  1. (日) 自製テキスト「電気電子工学実験」と必要に応じて配布されるプリント.

参考資料 推奨
  1. (日) 実験内容説明時に必要があれば紹介する.

URL 任意
連絡先 推奨
  1. 川上 烈生([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.電気電子系.物性デバイス分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.電気電子システムコース.物性デバイス講座])
    オフィスアワー 任意
科目コード 推奨
備考 任意
  1. (英) .

    (日) .

この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です