徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2001/生物工学実験1

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
15051
EOID
376541
Map
[2000/生物工学実験1]
LastModified
2007年12月28日(金) 16:11:19
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.生物工学科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 工学部•夜間主 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2001年 (平成 13年)
名称 必須 (英) Experiments of Biological Science and Technology 1 / (日) 生物工学実験1 / (読) せいぶつこうがくじっけん
コース 必須
  1. 2001/[徳島大学.工学部.生物工学科]/[夜間主コース]
担当教員 必須
  1. 金品 昌志
    肩書 任意
  2. 堀 均
    肩書 任意
  3. 伊藤 嘉浩
    肩書 任意
  4. 松木 均([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.生物資源産業学域.応用生命系.応用生物資源学分野]/[徳島大学.生物資源産業学部.生物資源産業学科.応用生命講座])
    肩書 任意
  5. 永澤 秀子(岐阜薬科大学/->個人[紺世 秀子])
    肩書 任意
  6. 小出 隆規(新潟薬科大学)
    肩書 任意
  7. ヴィレヌーヴ 真澄美([埼玉大学])
    肩書 任意
  8. 宇都 義浩([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.生物資源産業学域.応用生命系.応用生物資源学分野]/[徳島大学.生物資源産業学部.生物資源産業学科.応用生命講座])
    肩書 任意
  9. 今野 博行
    肩書 任意
単位 必須 4
目的 必須

(日) 実験の基本操作を修得させ,定性分析,容量分析などの基礎分析化学実験と物理化学的基礎実験を行う. また,生理活性物質の構造,機能を明らかにして,その反応を分子レベルで理解するための基礎として,ペプチドの有機合成及び構造化学に関する実習を行う. 講義で履修した内容の一部分を実験により再度確認し,理解の助けとする. 報告書の作成方法についても指導する.

概要 必須

(日) 将来,生物工学分野での技術者·研究者を目指す者が必ず経験しておくべき実験の基本操作を定性分析,容量分析の実験に組み込み,基本的な物理化学および有機化学実験を行う. また有機化学実験として,生理活性ペプチドの合成及びタンパク質の一次構造決定法の基本操作を実習する.

キーワード 推奨
先行科目 推奨
関連科目 推奨
要件 任意
注意 任意
目標 必須
計画 必須
  1. (日) 分析化学実験1:無機定性分析(陽イオンと陰イオンの性質,陽イオンの系統分析)

  2. (日) 分析化学実験2:容量分析(中和滴定,キレート滴定,電位差滴定)

  3. (日) 分析化学実験3:吸光度分析,クロマトグラフィー

  4. (日) 物理化学実験1:密度,表面張力

  5. (日) 物理化学実験2:溶解熱,起電力

  6. (日) 有機化学実験1:H-Asp-Phe-OMe(アスパルテーム)の合成と生理活性

  7. (日) 有機化学実験2:ペプチド誘導体の構造決定

  8. (日) 予備日

  9. (日) 定期試験

評価 必須

(日) 実験内容に対する理解力の評価は,実験への出席状況,レポートの提出とその内容および簡単な口頭試問の結果を総合して判定する.

対象学生 任意 開講コース学生のみ履修可能
教科書 必須
  1. (日) 小冊子「生物工学実験1」

参考資料 推奨
  1. (日) 「実験を安全に行うために」化学同人

  2. (日) 「続実験を安全に行うために」化学同人

URL 任意
連絡先 推奨
科目コード 推奨
備考 任意
  1. (日) 実験を安全に行うため「安全マニュアル」徳島大学工学部編,「実験を安全に行うために」「続実験を安全に行うために」化学同人を一読しておくこと. また,あらかじめテキスト「生物工学実験1」をよく読み予習をしっかり行って,実験に着手すること.

  2. (日) 「実験への出席状況」および「レポートと口頭試問の成績」の成績評価比率は5:5とする.

この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です