徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2007/数理物理学特論

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
150380
EOID
372098
Map
[2006/数理物理学特論]
LastModified
2007年12月26日(水) 18:44:13
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.工学基礎教育センター]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 先端技術科学教育部 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2007年 (平成 19年)
名称 必須 (英) Topics of mathematical physics / (日) 数理物理学特論 / (読) すうりぶつりがくとくろん
形態 推奨
コース 必須
  1. 2007/[徳島大学.先端技術科学教育部.システム創生工学専攻.知能情報システム工学コース]/[博士前期課程]
担当教員 必須
  1. 長町 重昭
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(英) We study the quantum computing.

(日) 量子コンピューターの基礎理論について学ぶ

概要 必須

(英) We study the elementary theory of numbers and group theory in order to understand RSA cryptography based on the difficulty of factorization for a big number. We study the theory of Hilbert spaces and their operators to understand Shor's fast factorization algorithm for quantum computers.

(日) 大きな数の因数分解が非常に困難であるという事実に基づいたRSA暗号の理論を理解するために,まず初等整数論と群論を学ぶ.さらに量子力学に基づいた Shor の高速因数分解のアルゴリズムを理解するために,量子力学の基礎となるヒルベルト空間論とその上の作用素の理論を学ぶ.

キーワード 推奨
先行科目 推奨
関連科目 推奨
要件 任意
注意 任意
目標 必須
  1. (英) Understanding the principle of quantum computation

    (日) 量子コンピュータの原理を理解する

計画 必須
  1. (英) Group theory 1

    (日) 群論1

  2. (英) Group theory 2

    (日) 群論2

  3. (英) Number theory 1

    (日) 初等整数論1

  4. (英) Number theory 2

    (日) 初等整数論2

  5. (英) RSA cryptography

    (日) RSA 暗号

  6. (英) Shor's factirization algorithm 1

    (日) Shor の因数分解アルゴリズム1

  7. (英) Hilbert space

    (日) ヒルベルト空間

  8. (英) Operators on Hilbert space

    (日) ヒルベルト空間の作用素

  9. (英) Quantum mechanics 1

    (日) 量子力学1

  10. (英) Quantum mechanics 2

    (日) 量子力学2

  11. (英) Quantum information

    (日) 量子情報論

  12. (英) Quantum circuits

    (日) 量子論理回路

  13. (英) Quantum Fourier transformation

    (日) 量子フーリエ変換

  14. (英) Shor's factorization algorithm 2

    (日) Shor の因数分解アルゴリズム2

  15. (英) The complexity of Shor's factorization algorithm

    (日) Shor の因数分解アルゴリズムの計算量

  16. (英) Reserve day

    (日) 予備日

評価 必須
再評価 必須
対象学生 任意
教科書 必須
  1. (英) Mika Hirvensalo, Quantum Computing, Springer (2004)

    (日) 上坂吉則,量子コンピュータの基礎数理,コロナ社(2001)

参考資料 推奨
URL 任意
連絡先 推奨
科目コード 推奨
備考 任意

この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です