徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2007/職業指導

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
150337
EOID
372492
Map
[2006/職業指導]
LastModified
2007年12月26日(水) 20:47:44
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.建設工学科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 工学部•昼間 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2007年 (平成 19年)
名称 必須 (英) Vocational Guidance / (日) 職業指導 / (読) しょくぎょうしどう
コース 必須
  1. 2007/[徳島大学.工学部.建設工学科]/[昼間コース]
担当教員 必須
  1. 坂野 信義
    肩書 任意 非常勤講師([教職員.教員]/[非常勤])
単位 必須 4
目的 必須

(日) 生涯発達·Career Developingとしての人間観·職業観を確立し,個人及び工業高校教師として必要な職業指導·カウンセリング能力を習得する.

概要 必須

(日) 生涯発達·Career Developingとしての人間観·職業観を確立すべく,学際的見地から職業指導·キャリア·カウンセリングの目的·課題·理論·展開方法·技法を論述する.併せてキャリア確立上必須の種々の能力開発を実践指導し,習得を図る.

キーワード 推奨
先行科目 推奨
関連科目 推奨
要件 任意
注意 任意

(日) 自己啓発·自己変革を自覚して履修すべし

目標 必須
  1. (日) 職業指導の課題とその方法を理解し,いくつかの能力開発法の理論と実践を修得する

計画 必須
  1. (日) 未来論4つのシナリオについて理解·新しいパラダイムの認識深化

  2. (日) 職業指導の歴史的発展·日米の比較を通しその目的·定義·諸理論の理解

  3. (日) 実践的なキャリアカウンセリングの理論と方法の理解

  4. (日) 高校生のためのキャリアガイダンスの理解

  5. (日) 個人の具有性のアセスメント:人格,性格·個性の理解

  6. (日) 職業興味:欲求と行動,適応と不適応の理解

  7. (日) アセスメントの実際:性格検査法の理解

  8. (日) ビデオ教材学習:「今を生きる」···理想の教師·高校生との交流とは

  9. (日) 就職に必要な所要性能のアセスメント:就職·産業人

  10. (日) 理想の組織とは:官僚制組織の長所·短所,システム4の理解

  11. (日) マネジメント·スキルの理解:科学的管理法·HR理論·ハーズバーグ理論

  12. (日) 管理能力とは:生徒や部下をやる気にさせるリーダーシップ理論の理解

  13. (日) カウンセンリグ理論:定義·カウンセリングマインドの理解

  14. (日) カウンセリング技法の理解·演習

  15. (日) コミュニケーションスキルの理解:「職業観について」の小論文テスト

  16. (日) 能力開発:生涯発達心理学に基づき,ライフキャリアステージ意義の理解

  17. (日) エリクソン·ニーチェ·佐藤一斎·OECDなどの発達課題·ステージ理解

  18. (日) 井上富雄の人生計画表を参考に,自分の「人生60年計画表」を考案

  19. (日) ワークショップ:「人生60年計画表」を完成·提出

  20. (日) 能力開発:学習心理学·認知心理学上特に学習条件や記憶モデルの理解

  21. (日) IC法·記憶術·速読術演習

  22. (日) 創造力育成のための発想法の諸理論·技法の理解:NM法の理論·方法

  23. (日) ワークショップ:NM法にてアイデア創出のためのソフト作成·提出

  24. (日) 問題解決法としてのKJ法の目的·意義·技法の理解

  25. (日) ワークショップ1:具体的問題解決のためにテーマの決定·ラベル作り

  26. (日) ワークショップ2:名札作り·構造配置位置決定

  27. (日) ワークショップ3:貼り付け·島作り第一段階∼第三段階,完成

  28. (日) 提出したKJ法のプレゼンテーション会

  29. (日) ディベートの重要性の理解とノウハウを理解

  30. (日) ワークショップ4:ディベートコンテストを実施

評価 必須

(日) 論文,能力開発のプレゼンテーションにより成績評価.

JABEE合格 任意

(日) 成績評価と同一とする

JABEE関連 任意

(日) 本学科の教育目標の1(1)に40%,1(2)に30%,1(3)に30%対応する

対象学生 任意

(日) 本講義履修申し込み学生·社会人

教科書 必須
  1. (日) 講師よるプリント教材資料配布

参考資料 推奨
  1. (日) 参考書·必読書については,講義中に適宜講師が紹介.

URL 任意 http://www.ce.tokushima-u.ac.jp/lectures/D0072
連絡先 推奨
科目コード 推奨
備考 任意
  1. (日) 「面白くてためになり,そして思い出に残る」講義が目標.

この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です