徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2007/工業物理学及び実験

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
150163
EOID
372418
Map
[2006/工業物理学及び実験]
LastModified
2007年12月26日(水) 20:43:50
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.工学基礎教育センター]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 工学部•昼間 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2007年 (平成 19年)
名称 必須 (英) Laboratory in General Physics / (日) 工業物理学及び実験 / (読) こうぎょうぶつりがくおよびじっけん
コース 必須
  1. 2007/[徳島大学.工学部.建設工学科]/[昼間コース]
担当教員 必須
  1. 道廣 嘉隆
    肩書 任意
  2. 中村 浩一([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.自然科学系.物理科学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用理数コース.物理科学講座])
    肩書 任意 講師([教職員.教員.本務教員]/[常勤])
単位 必須 2
目的 必須

(日) 実験を通した物理学の基本概念の理解,および実験の基本事項の修得を目的として,基礎的な物理実験を行い,関連事項を指導する.

概要 必須

(日) 基本測定(統計処理),力学(ボルダの振り子,角運動量),物性(ヤング率,単剛性率,表面張力,粘性係数,抵抗の温度変化),電磁気学(等電位線,磁気モーメント,静電容量,電磁誘導,ダイオード·トランジスタの特性,ホール効果),熱(比熱,熱伝導率,温度伝導率),波動(フレネルの複プリズム,分光器と回折格子),原子物理学(スペクトル,光電効果,フランク·ヘルツの実験)よりテーマを選択し,3∼4名ずつの班ごとに実験を行ない,レポートを作成·提出する.

キーワード 推奨
  1. (日) 物理学実験
先行科目 推奨
  1. 解析力学([2007/[徳島大学.工学部.建設工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2006/解析力学])
    必要度 任意
関連科目 推奨
要件 任意

(日) 予習により,実験内容が理解されていることを前提とする.

注意 任意

(日) 実験レポートを各実験の次回の実験時に提出すること.チェック後再提出を指示する場合がある.その際は提出締め切りまでに提出すること.実験時の安全について受講者は十分に注意すること.

目標 必須
  1. (日) 実験を行う際の基本事項を修得し,実験を通して物理学の基礎を理解する.

計画 必須
  1. (日) オリエンテーション

  2. (日) 実験第1回

  3. (日) 実験第2回

  4. (日) まとめ·レポート指導

  5. (日) 実験第3回

  6. (日) 実験第4回

  7. (日) まとめ·レポート指導

  8. (日) 実験第5回

  9. (日) 実験第6回

  10. (日) 実験第7回

  11. (日) まとめ·レポート指導

  12. (日) 実験第8回

  13. (日) 実験第9回

  14. (日) 実験第10回

  15. (日) レポート最終提出·総評

評価 必須

(日) 規定回数以上の出席があり,レポートを期限内に提出した受講者に対し,レポートの提出状況および内容を評価し,総合で 60 % 以上を合格とする.

JABEE合格 任意

(日) 【成績評価】と同一である.

JABEE関連 任意

(日) 本学科の教育目標の3(1)に100%対応している.

対象学生 任意 開講コース学生のみ履修可能
教科書 必須
  1. (日) 当実験のための教科書「物理学実験」を使用する.

参考資料 推奨
URL 任意 http://www.ce.tokushima-u.ac.jp/lectures/D0025
連絡先 推奨
  1. 道廣 嘉隆
    オフィスアワー 任意
科目コード 推奨
備考 任意
  1. (日) 本講義の受講は,予習により実験内容が理解されている事を前提とする.なお,実験時の安全について受講者各人は十分に注意すること.

この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です