徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2007/キャリアプラン演習

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
150072
EOID
372394
Map
[2006/キャリアプラン演習]
LastModified
2007年12月26日(水) 20:42:31
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.建設工学科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 工学部•昼間 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2007年 (平成 19年)
名称 必須 (英) Exercise for Career Plan / (日) キャリアプラン演習 / (読) きゃりあぷらん
形態 不用
  1. 演習
コース 必須
  1. 2007/[徳島大学.工学部.建設工学科]/[昼間コース]
担当教員 必須
  1. 橋本 親典([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.社会基盤デザイン系.構造・材料分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.構造・材料講座]/[徳島大学.先端技術科学教育部.知的力学システム工学専攻.建設創造システム工学コース.建設構造工学講座])
    肩書 任意
  2. 渡邉 健([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.社会基盤デザイン系.構造・材料分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.構造・材料講座])
    肩書 任意
単位 必須 1
目的 必須

(日) 本演習は,卒業生が講師となって行われる職業指導ならびに種々の建設技術に関連する資料を収集,分析することにより,生涯設計を立案し,その生涯設計に基づいた4年次配属研究室の選択のための指導教員面接を通して,建設技術者として自立するための就職意識を身につけることを目的とする.

概要 必須

(日) 本演習は,毎年6月第1土曜日に開催される本学科卒業生の同窓会である美土利会総会に合わせて,複数の卒業生による職業指導を受けることにより,建設業務の計画と実施·マネジメントに関わる具体的な仕事の内容や現在の建設技術が抱える問題点を理解する.これらの情報に基づき,3年後期に開講するプロジェクト演習を受ける建設系研究室を決定するために,建設技術者あるいは研究者としての生涯設計を立案するための資料収集,分析および報告書の作成を行う.この報告書による生涯設計を希望研究室の教員の前で発表し,最終的に配属研究室を決定する.

キーワード 推奨
  1. (日) 生涯設計
  2. (日) 就職
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 就職氷河期 (Employment ice age)
  3. (日) 技術者の職務
  4. (日) 美土利会
先行科目 推奨
  1. 建設の歴史とくらし([2007/[徳島大学.工学部.建設工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2006/建設の歴史とくらし])
    必要度 任意
関連科目 推奨
  1. 卒業研究([2007/[徳島大学.工学部.建設工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2006/卒業研究])
    関連度 任意
  2. 建設基礎セミナー([2007/[徳島大学.工学部.建設工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2006/建設基礎セミナー])
    関連度 任意
  3. 学びの技([2007/[徳島大学.工学部.建設工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2006/学びの技])
    関連度 任意
要件 任意

(日) 3年次後期に開講されるプロジェクト演習の研究室配属の一貫として行われる演習であり,4年次の研究室配属,卒業研究に連動する科目である.よって,3年次に進級した学生は必ず登録し履修をすること.

注意 任意

(日) 必要に応じてインターネット検索によって生涯設計を立案するための資料収集や調査研究を行うので,これらの技術を習得しておくこと.また,関連授業科目である「建設行政法」,「生産管理」,「労務管理」,「職業指導」等の受講を推奨する.

目標 必須
  1. (日) 建設業務の計画と実施·マネジメントに関わる実務について知識を習得している.

  2. (日) 現状の建設技術が抱える諸問題について認識を有する.

  3. (日) 口頭ならびに文書による効果的なプレゼンテーションのために必要な日本語表現力を身につけている.

計画 必須
  1. (日) ガイダンス

  2. (日) 本学科の同窓会(美土利会)組織ならびに活動状況

  3. (日) 職業指導を受けるための質問票作成用資料収集

  4. (日) 職業指導を受けるための質問票作成

  5. (日) 卒業生の職業指導1

  6. (日) 卒業生の職業指導2

  7. (日) 卒業生の職業指導3

  8. (日) 建設技術者としての生涯設計立案のための資料収集

  9. (日) 建設技術者としての生涯設計立案のための資料分析

  10. (日) 建設技術者としての生涯設計立案

  11. (日) 生涯設計に基づく研究室選択1

  12. (日) 生涯設計に基づく研究室選択2

  13. (日) 面接1

  14. (日) 面接2

  15. (日) 面接3

  16. (日) 面接4および授業評価アンケートの実施

評価 必須

(日) 到達目標1の達成度は,生涯設計の立案書と面接資料で評価しその割合は,1:1 とする.立案書の内容と面接資料は,到達目標1の観点から5点満点で評価する.評点が3点以上を到達目標1のクリア条件とする.到達目標2の達成度は,生涯設計の立案書と面接資料で評価しその割合は,1:1 とする.立案書の内容と面接資料は,到達目標2の観点から5点満点で評価する.評点が3点以上を到達目標2のクリア条件とする.到達目標3の達成度は,指導教員の面接内容で5点満点で評価する.評点が3点以上を到達目標3のクリア条件とする.3つの到達目標をクリアした場合を合格として,成績は,到達目標1と到達目標2と到達目標3の評点の平均値を20倍して100点満点換算して算出する.

JABEE合格 任意

(日) [成績評価] 同一とする.

JABEE関連 任意

(日) 本学科の教育目標の3(5)に40%,5(2)に20%,6(2)に40%対応する.

対象学生 任意 開講コース学生のみ履修可能
教科書 必須
  1. (日) なし

参考資料 推奨
  1. (日) なし

URL 任意 http://www.ce.tokushima-u.ac.jp/lectures/D0062
連絡先 推奨
  1. 橋本 親典([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.社会基盤デザイン系.構造・材料分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.構造・材料講座]/[徳島大学.先端技術科学教育部.知的力学システム工学専攻.建設創造システム工学コース.建設構造工学講座])
    オフィスアワー 任意
科目コード 推奨
備考 任意
  1. (日) 第5∼7回授業は,美土利会総会当日の午前中に複数の卒業生による集中講義として実施する.第13∼16回授業は,選択研究室の教員による面接であるので,開講日時が学生毎で異なる.

この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です