徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2007/機械設計

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
150009
EOID
372859
Map
[2006/機械設計]
LastModified
2007年12月26日(水) 21:16:27
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.機械工学科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 工学部•夜間主 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2007年 (平成 19年)
名称 必須 (英) Machine Design / (日) 機械設計 / (読) きかいせっけい
コース 必須
  1. 2007/[徳島大学.工学部.機械工学科]/[夜間主コース]
担当教員 必須
  1. 岡田 健一
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) 機械設計の思考過程から始め機械要素の個々の機能に関する講義を行ない機械を設計する際に必要 となる事がらについての基礎知識を修得させる.

概要 必須

(日) 機械は機械要素を有機的に組合わせて所期の目的に合うように作ったものであるという考えから,個々の 要素の選択とそれを組合わせる思考過程の重要性を考えて設計におけるプロセスおよび要素の機能に関する講義を行 なう. また機械材料の強度設計を基本にした機械材料の強度,剛性に関する項目もとり入れる.

キーワード 推奨
先行科目 推奨
関連科目 推奨
要件 任意
注意 任意
目標 必須
  1. (日) 1.機械設計のプロセスを理解する

  2. (日) 2.強さ設計の考え方を理解する

  3. (日) 3.機械要素の知識を身につける

  4. (日) 4.機械材料および加工法の基礎知識をもつ

計画 必須
  1. (日) 機械設計とは

  2. (日) 設計のプロセスの内容

  3. (日) 機械における基本機能

  4. (日) 機構の構造化

  5. (日) 機能と形状

  6. (日) 形状と制約条件

  7. (日) 機械材料の強度

  8. (日) 機械材料の剛性

  9. (日) 寸法の知識

  10. (日) はめあい,表面粗さ

  11. (日) 設計と加工

  12. (日) 加工法

  13. (日) 機械要素1

  14. (日) 機械要素2

  15. (日) 機械要素3

  16. (日) 定期試験

評価 必須

(日) 講義への取組み状況,レポートおよび最終試験の成績を総合して行なう.

JABEE合格 不用

(日) 【成績評価】と同一である.

JABEE関連 不用

(日) (B) 5 製図法,機械要素,設計法,加工法を修得し,機械システムの設計·開発に応用できること

対象学生 任意 開講コース学生のみ履修可能
教科書 必須
  1. (日) 畑村洋太郎編「続·実際の設計」日刊工業新聞社

参考資料 推奨
  1. (日) 日本機械学会編「機械工学便覧」(日本機械学会)

  2. (日) 機械設計シリーズ(オーム社)

  3. (日) JISハンドブック(日本規格協会)

URL 任意
連絡先 推奨
  1. (日) 岡田健一(M123,656-7395,okada@me.tokushima-u.ac.jp)
    オフィスアワー 任意
科目コード 推奨
備考 任意
  1. (日) 機械の授業が解析を主としているのに対し機械設計の授業は総合をはかろうとする. そこで,材料,材料 力学,振動,機械加工等の基礎知識が求められる.

  2. (日) 平常点と試験の比率はほぼ5:5とする.

この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です