徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2001/振動学

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
14994
EOID
376520
Map
[2000/振動学]
LastModified
2007年12月28日(金) 16:09:28
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.建設工学科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 工学部•夜間主 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2001年 (平成 13年)
名称 必須 (英) Structural Dynamics / (日) 振動学 / (読) しんどうがく
コース 必須
  1. 2001/[徳島大学.工学部.建設工学科]/[夜間主コース]
担当教員 必須
  1. 宇都宮 英彦
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) 1本のバネに吊るされた錘の運動を詳細に分析することによって,つり橋のような複雑な構造物の振動問題の解析へと発展させることができることを学ぶ.理解度を確認するために講義の終りにほぼ毎回小テストを行う.

概要 必須

(日) 構造物の振動現象を単純なモデルで表現して,動的な力の平衡条件から定式化して振動現象の本質を把握したのち,2自由度系に対して振動形解析法を適用して,この方法により多自由度系の振動が1自由度振動の重ね合わせによって解析できることが示される.

キーワード 推奨
先行科目 推奨
関連科目 推奨
要件 任意
注意 任意

(日) 動力学の入門段階から講義するが,演習の時間が少ないことから,理解を深めるための受講生の自主的な取り組みが要求される.授業内容に関して適宜小テストを行うので,授業への集中が必要である.

目標 必須
計画 必須
  1. (日) 振動現象の種類と記述

  2. (日) 1自由度系の自由振動;運動方程式と解

  3. (日) エネルギー法;固有振動数の近似解法

  4. (日) 1自由度系の減衰自由振動

  5. (日) 強制振動;力強制と変位強制

  6. (日) 過渡振動と不規則振動解析

  7. (日) 7.2自由度系の自由振動;振動数方程式,固有振動数と振動モード

  8. (日) 2自由度系の強制振動;動吸振器の原理

  9. (日) 一般座標と一般力,ラグランジュの運動方程式

  10. (日) 振動形解析法(モーダルアナリシス)

  11. (日) 多自由度系の強制振動

  12. (日) 1次元分布質量系の自由振動

  13. (日) レーリー·リッツの方法,ガレルキン法

  14. (日) 1次元分布質量系の強制振動

  15. (日) 長大橋の風による振動

  16. (日) 定期試験

評価 必須

(日) 授業への参加状況すなわち授業中の双方向での質疑応答の状況,適宜行う小テストと定期試験による.

対象学生 任意
教科書 必須
  1. (日) 小坪清眞著「入門建設振動学」森北出版

参考資料 推奨
  1. (日) D.ハルトック著,谷口修訳「機械振動論」コロナ社,S.チモシェンコ著,谷下訳「工業振動学」コロナ社,中井博著「土木構造物の振動解析」森北出版,吉原進著「建設系のための振動工学」森北出版

URL 任意
連絡先 推奨
科目コード 推奨
備考 任意
  1. (日) 平常点となる小テストおよび授業への参加状況と定期試験の比率は4:6

この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です