徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2007/化学序論1

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
149938
EOID
372330
Map
[2006/化学序論1]
LastModified
2007年12月26日(水) 20:39:27
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 工学部•昼間 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2007年 (平成 19年)
名称 必須 (英) Introduction to Chemistry 1 / (日) 化学序論1 / (読) かがくじょろん
形態 不用
  1. 講義
コース 必須
  1. 2007/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]/[昼間コース]
担当教員 必須
  1. 田村 勝弘
    肩書 任意 教授([教職員.教員.本務教員]/[常勤])
  2. 杉山 茂([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.化学プロセス工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.化学プロセス工学講座])
    肩書 任意 教授([教職員.教員.本務教員]/[常勤])
単位 必須 2
目的 必須

(日) 化学および科学技術に関する入門講義によって化学応用工学科の専門分野を展望し,以降の専門科目履修のための基礎学力を修得させる.

概要 必須

(英) ·

(日) 高校での学習に続いて気体の状態方程式などの初歩から物理化学,熱力学の基礎および化学プロセス,化学工学の基礎事項について講述し,化学者·化学技術者としての知識や考え方を習得させる.図解,例題と演習によって理解を助け,応用力を養う.

キーワード 推奨
  1. (日) 状態図
  2. (日) 気体の状態式
  3. (日) 熱力学
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 熱力学 (thermodynamics)
    [キーワード] 熱力学第1法則 (first law of thermodynamics)
    [キーワード] 熱力学第2法則 (second law of thermodynamics)
    [キーワード] 熱力学的絶対温度 (thermodynamical absolute temperature)
  4. (日) 国際単位系
  5. (日) 式とグラフ
先行科目 推奨
関連科目 推奨
  1. 化学序論2([2007/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2006/化学序論2])
    関連度 任意
要件 任意
注意 任意
目標 必須
  1. (日) 化学工学を学習する基礎力をつける

  2. (日) 熱力学を学習するため基礎力をつける

計画 必須
  1. (日) 化学工学概観

  2. (日) 物質の状態

  3. (日) 実在気体の状態式

  4. (日) 混合物の組成と濃度

  5. (日) 液体の蒸気圧

  6. (日) 数式とグラフ

  7. (日) 物質の分離·精製

  8. (日) 試験

  9. (日) 熱力学概論

  10. (日) 国際単位系(SI単位)

  11. (日) 熱力学

  12. (日) 理想気体の状態方程式

  13. (日) 臨界現象

  14. (日) 対応状態の法則

  15. (日) まとめ

  16. (日) 試験

評価 必須

(日) 講義へ取り組み状況,演習·レポートの内容,小テストと試験の成績を総合して行う.

JABEE合格 任意
JABEE関連 任意
対象学生 任意 開講コース学生のみ履修可能
教科書 必須
  1. (日) 特に指定しない,プリントなど適宜配布する(田村).「はじめて学ぶ化学工学」 草壁克己・外輪健一郎著(工業調査会)(杉山)

参考資料 推奨
URL 任意
連絡先 推奨
  1. 田村 勝弘
    オフィスアワー 任意
  2. 杉山 茂([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.化学プロセス工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.化学プロセス工学講座])
    オフィスアワー 任意
科目コード 推奨
備考 任意
  1. (日) クオーター制をとり,2人の教員で担当する.

この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です