徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2007/応用解析特論

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
149581
EOID
578702
Map
0
LastModified
2011年4月10日(日) 20:10:03
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員長]/[徳島大学.総合科学部]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 総合科学部 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2007年 (平成 19年)
名称 必須 (日) 応用解析特論 / (読) おうようかいせきとくろん
形態 不用
  1. 講義
コース 必須
  1. 2007/[徳島大学.総合科学部.自然システム学科.数理·情報コース.数理科学サブコース]/[学士課程]
担当教員 必須
  1. 伊藤 正幸
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) 解析学I(前期)では,測度論と,それに基づいたルベーグ式積分理論の基礎が概説された.しかし,時間の関係もあり,ほとんど定義を述べただけといってもよい.この講義は解析学Iで述べることが出来なかった重要ではあるが基本的な部分を概説する.これらは,解析学や確率論を進める上では大変有用な部分である.

概要 必須

(日) 測度論とルベーグ積分の基礎(解析学Iの続き):関数空間,関数の収束概念,ラドン·ニコディムの定理および一様可積分性について講義する.

キーワード 推奨
  1. 測度論(measure theory)
  2. ルベーグ積分(Lebesgue integral)
  3. 関数空間(functional space)
先行科目 推奨
  1. 解析学I([2007/[徳島大学.総合科学部.自然システム学科.数理·情報コース.数理科学サブコース]/[学士課程]]/[2007/[徳島大学.総合科学部.自然システム学科.数理·情報コース.情報科学サブコース]/[学士課程]])
    必要度 任意
関連科目 推奨
要件 不用

(日) 解析学Iに続く講義内容である.解析学Iを聴講していることが望ましい.

注意 任意

(日) 計算技術や問題解法テクニックの向上の上では,この講義は一見何の役にも立たないように思われる.そればかりか,積分論の再構築がテーマであるこの講義では,複雑でなじみのない議論が展開され,はじめて学ぶ学生諸君には何回で取っ付き難いものであろう.多くの先生方も学生時代はそう感じたに違いないと思われる.それにもかかわらず,カリキュラムに組み入れられているのは,この学問なくしては,解析学が構築できないからである. 講義の難解さやに圧倒されることなく,新しい推論方法に接するという気楽な気持ちで休まず受講して欲しい.完全に理解できなくとも,その後の勉学にきっと役に立ちます.

目標 必須
  1. (日) 関数空間,関数の収束概念の理解

  2. (日) ラドン·ニコディムの定理(積分論における微分の概念)の理解.

計画 必須
  1. (日) 解析学I(ルベーグ測度論·積分論)の復習

  2. (日) 関数空間I

  3. (日) 関数空間II ヘルダーの不等式

  4. (日) 関数空間III 完備性

  5. (日) 収束概念I 定義

  6. (日) 収束概念II 各種概念の関係(1)

  7. (日) 収束概念III 各種概念の関係(2)

  8. (日) ラドン·ニコディムの定理(符号付測度,ジョルダン分解,ハーン分解,絶対連続性,ラドン·ニコディムの定理)

  9. (日) 同上

  10. (日) 同上

  11. (日) 同上

  12. (日) 試験

  13. (日) 総括

評価 必須

(日) 期末試験と授業への取り組み状況により,総合的に評価する.

再評価 必須

(日) 行う用意はある

教科書 必須
  1. (日) 測度·積分·確率 梅垣寿春ほか著 共立出版

参考資料 推奨
URL 任意
連絡先 推奨
  1. 伊藤 正幸
    オフィスアワー 任意

    (日) 火曜日 12:00∼13:00

科目コード 推奨
備考 任意
  1. (日) 「隔年開講」 本年度開講せず.