徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2007/数理科学演習

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
149573
EOID
574653
Map
0
LastModified
2011年4月7日(木) 22:23:59
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員長]/[徳島大学.総合科学部]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 総合科学部 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2007年 (平成 19年)
名称 必須 (日) 数理科学演習 / (読) すうりかがくえんしゅう
コース 必須
  1. 2007/[徳島大学.総合科学部.自然システム学科.数理·情報コース.数理科学サブコース]/[学士課程]
担当教員 必須
  1. 伊藤 利明
    肩書 任意 教授([教職員.教員.本務教員]/[常勤])
単位 必須 4
目的 必須

(日) 卒業研究テーマに関係した文献や資料を基に,卒業研究に役立つ基礎知識·技術を身につける.

概要 必須

(日) 卒業研究テーマに関する基礎を身につける.

キーワード 推奨
  1. (日) 卒業研究テーマ
先行科目 推奨
  1. 代数学I([2007/[徳島大学.総合科学部.自然システム学科.数理·情報コース.数理科学サブコース]/[学士課程]])
    必要度 任意
  2. 力学([2007/[徳島大学.総合科学部.自然システム学科.物質·環境コース]/[学士課程]]/[2007/[徳島大学.総合科学部.自然システム学科.数理·情報コース.数理科学サブコース]/[学士課程]])
    必要度 任意
  3. 幾何学I([2007/[徳島大学.総合科学部.自然システム学科.数理·情報コース.数理科学サブコース]/[学士課程]]/[2007/[徳島大学.総合科学部.自然システム学科.数理·情報コース.情報科学サブコース]/[学士課程]])
    必要度 任意
  4. 情報数学([2007/[徳島大学.総合科学部.自然システム学科.数理·情報コース.数理科学サブコース]/[学士課程]]/[2007/[徳島大学.総合科学部.自然システム学科.数理·情報コース.情報科学サブコース]/[学士課程]])
    必要度 任意
  5. 数値計算法([2007/[徳島大学.総合科学部.自然システム学科.数理·情報コース.数理科学サブコース]/[学士課程]]/[2007/[徳島大学.総合科学部.自然システム学科.数理·情報コース.情報科学サブコース]/[学士課程]])
    必要度 任意
  6. 確率·統計I([2007/[徳島大学.総合科学部.自然システム学科.数理·情報コース.数理科学サブコース]/[学士課程]]/[2007/[徳島大学.総合科学部.自然システム学科.数理·情報コース.情報科学サブコース]/[学士課程]])
    必要度 任意
  7. 解析学I([2007/[徳島大学.総合科学部.自然システム学科.数理·情報コース.数理科学サブコース]/[学士課程]]/[2007/[徳島大学.総合科学部.自然システム学科.数理·情報コース.情報科学サブコース]/[学士課程]])
    必要度 任意
関連科目 推奨
  1. 応用数学特論([2007/[徳島大学.総合科学部.自然システム学科.数理·情報コース.数理科学サブコース]/[学士課程]])
    関連度 任意
  2. 応用解析特論([2007/[徳島大学.総合科学部.自然システム学科.数理·情報コース.数理科学サブコース]/[学士課程]])
    関連度 任意
注意 任意

(日) 卒業研究に必要な基礎知識に満たない人は,負担が多いと思います.その場合は自習が必要です.その際はあらかじめ講義前に面談し指示します.

目標 必須
  1. (日) 受講者が各自で卒業研究テーマを決め,そのテーマを自身で研究する経験をする.

計画 必須
  1. (日) 以下のおおよその研究テーマの中から,受講生が研究したいテーマを相談のうえ決定し,そのテーマに関係した文献や資料を読む.

  2. (日) 1.数式処理を用いた数値解析の基礎研究

  3. (日) 2.微分方程式の超離散化による数値解法の基礎研究

  4. (日) 3.計算幾を用いた幾何·代数学の基礎研究

  5. (日) 4.計算機による自然現象モデルのシミュレーション

  6. (日) 5.自分で行いたい希望研究内容があれば相談で決める

評価 必須

(日) 毎回の参加·発表内容,研究の進度により評価する.

再評価 必須

(日) なし.

教科書 必須
  1. (日) 受講生との相談による研究テーマ内容と基礎知識を判断した上で決定する.

参考資料 推奨
URL 任意
連絡先 推奨
  1. 伊藤 利明
    オフィスアワー 任意

    (日) (前後期) 月∼金 9:30∼17:00 , Email: titoh@ias.tokushima-u.ac.jp

科目コード 推奨
備考 任意