徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2007/日本言語基礎研究I (前期)

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
148951
EOID
373768
Map
0
LastModified
2007年12月26日(水) 22:05:40
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員長]/[徳島大学.総合科学部]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 総合科学部 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2007年 (平成 19年)
名称 必須 (日) 日本言語基礎研究I (前期) / (読) にほんげんごきそけんきゅう
コース 必須
  1. 2007/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.アジア研究コース.アジア研究サブコース]/[学士課程]
  2. 2007/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.アジア研究コース.日本文化研究サブコース]/[学士課程]
  3. 2007/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.文化情報サブコース]/[学士課程]
担当教員 必須
  1. 岸江 信介
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) この授業では,日本語学概論の音声·音韻・アクセントについての講義をする.音声学に関する基礎的な知識を身につけること,日本語学各分野への興味づけを行うことを目的にする.音声を科学的に追究するという姿勢を学び,音声学の研究成果を概説的に学習する.科学的視点での,ものの見方,とらえ方などを音声科学の諸事例を参照·検討することによって深めてみたい.なお,吉野川流域の音声・アクセント調査をフィールドワークとして実施し,各自が資料収集にあたり,分析を行う.

概要 必須

(日) 国語学·日本語学·日本語教育等で基礎となる学習を行うが,基礎研究Ⅰでは主に日本語の音声·アクセントなどを幅広く取り上げ,概説的な授業のあと,「現代GP科目」として,吉野川流域の音声・アクセントの調査を実施する.

キーワード 推奨
先行科目 推奨
関連科目 推奨
注意 任意

(日) 授業は,講義形式を原則とするが,受講生各人が興味を持つ分野について,レポートを提出する.学期末毎にテストを行うこともある.

目標 必須
  1. (日) 日本語を科学的な視野からとらえ,日本語学の基礎を理解する.

計画 必須
  1. (日) (1)音声研究入門

  2. (日) (2)音声とは?

  3. (日) (3)聴音音声学と音響音声学

  4. (日) (4)音声器官と発声の仕組み

  5. (日) (5)母音と子音

  6. (日) (6)拍と音節

  7. (日) (7)日本語のポーズとイントネーション

  8. (日) (8)日本語のアクセント

  9. (日) (9)音声の対照研究

  10. (日) (10)日本語の方言音声1

  11. (日) (11)日本語の方言音声2

  12. (日) (12)日本語音声の音響分析1

  13. (日) (13)日本語音声の音響分析2

  14. (日) (14)吉野川流域アクセント調査の説明1

  15. (日) (15)吉野川流域アクセント調査の説明2

  16. (日) (16)吉野川流域アクセント調査

評価 必須

(日) 評価は,吉野川アクセント調査レポート(40%),出席(40%),小テスト(20%)を目安とする.

再評価 必須

(日) 無

教科書 必須
  1. (日) 教科書:今石元久編『音声研究入門』和泉書院 定価1800+税

  2. (日) 教 材:授業でプリントを配布することがある.

  3. (日) 参考書:各分野で必要な論文·図書を紹介する.

参考資料 推奨
URL 任意
連絡先 推奨
  1. 岸江 信介
    オフィスアワー 任意

    (日) 火曜日12∼13時 総合科学部1号館3階(2307) 656-9309:kishie@ias.tokushima-u.ac.jp

科目コード 推奨
備考 任意
  1. (日) 現代GP科目