徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2001/計画情報システム

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
14820
EOID
376013
Map
[2000/計画情報システム]
LastModified
2007年12月28日(金) 15:20:51
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
滑川 達
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 工学部•昼間 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2001年 (平成 13年)
名称 必須 (英) Information System for Infrastructure Planning / (日) 計画情報システム / (読) けいかくじょうほうしすてむ
コース 必須
  1. 2001/[徳島大学.工学部.建設工学科]/[昼間コース]
担当教員 必須
  1. 山中 英生([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.社会基盤デザイン系.地域環境分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.地域環境講座])
    肩書 任意
  2. 廣瀬 義伸
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) 国土·地域·都市における環境の管理や改善計画,設計においては空間の多様な情報を収集·加工分析·表示する情報システムの利用が不可欠である.もちろん,公共事業としての社会資本の整備における計画立案·設計·効果計測といった分野においてもこれらのシステムの活用は必須である.この科目では,これらの空間情報を有機的かつリアルタイムで分析処理が出来る情報システムが果たしている役割と機能,手法について概説することで,計画設計·計画立案およびそれらの評価に対する技術的素養を養うことを目的としている.

概要 必須

(日) 都市·地域計画で用いられている地理情報システム(GIS),環境デザインの分野で多用されているコンピューターグラフィックス(CG),リモートセンシングやGPSといった最新の空間情報処理システムについて,それらの技術開発の経緯と動向,機能,利用例について概説する.空間情報処理システムについては,適宜最新の情報についてプレゼンテーションシステムを用いた講義を行うことを中心とするが,CGシミュレーション分野については,具体的課題を与えグループ作業によるコースワークとその発表会を実施することによって内容の理解を深めることを予定している.

キーワード 推奨
先行科目 推奨
関連科目 推奨
要件 任意
注意 任意

(日) 授業における体験および年度当初には予測がつかないような最新の技術動向をふんだんに盛り込む予定であるので,出席は欠かせない.

目標 必須
計画 必須
  1. (日) 空間情報処理システムとは

  2. (日) 空間情報処理システムとしての地理情報システム

  3. (日) 地理情報システムの歴史と技術

  4. (日) 地理的情報処理1(空間情報データ整備の動向)

  5. (日) 地理的情報処理2(空間情報処理技術の動向)

  6. (日) 地理的情報処理3(空間情報処理分野の応用技術の動向)

  7. (日) 地理的情報処理4(新しい空間情報科学分野の可能性)

  8. (日) 景観シミュレーションの基礎

  9. (日) 景観シミュレーションの歴史と技術

  10. (日) CGシミュレーションの技法1

  11. (日) CGシミュレーションの技法2

  12. (日) CGシミュレーションの技法3

  13. (日) コースワーク1

  14. (日) コースワーク2

  15. (日) コースワーク発表会

  16. (日) 定期試験

評価 必須

(日) 出席状況,レポート提出と内容,グループ発表の内容,学期末の最終試験の成績を総合して行う.

JABEE合格 任意
JABEE関連 任意
対象学生 任意 開講コースと同学科の夜間主コース学生も履修可能
教科書 必須
  1. (日) 榊原和彦編著:都市·公共土木のCGプレゼンテーション,学芸出版

参考資料 推奨
  1. (日) 講義中において,適宜関連する書籍·文献を提示する.

URL 任意
連絡先 推奨
科目コード 推奨
備考 任意
  1. (日) この科目に関連する分野については,1年前の情報に対する理解では既に古くなっていることに十分注意すること.

  2. (日) 成績評価に対する平常点と試験の比率は4:6とする.平常点には講義への出席状況,レポートの提出状況,グループ発表と内容を含み,試験は最終試験の成績である.

この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です