徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [上野 明道]/[山下 菊治]/[三好 圭子]/[堀口 大吾]/INTAN RUSPITA/[阿部 佳織]/[野間 隆文]/Soluble matrix from osteoblastic cells induces mineralization by dental pulp cells/[The Journal of Medical Investigation : JMI]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
147813
EOID
898840
Map
0
LastModified
2018年4月20日(金) 09:26:29
Operator
野間 隆文
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
野間 隆文
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. 上野 明道
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 山下 菊治
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 三好 圭子([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.基礎歯学系.分子医化学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 堀口 大吾([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.基礎歯学系.分子医化学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. (英) Ruspita Intan / (日) INTAN RUSPITA / (読) いんたん るすぴた
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  6. 阿部 佳織
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  7. 野間 隆文([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.基礎歯学系.分子医化学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Soluble matrix from osteoblastic cells induces mineralization by dental pulp cells

副題 任意
要約 任意

(英) Dental pulp cells have a capacity to differentiate into mineralization-inducing cells. To clarify the molecular mechanism, we established an in vitro mineralization-inducing system by rat clonal dental pulp cell line, RPC-C2A, and tried to purify a mineralization-inducing factor in conditioned medium (CM) from pre-osteoblastic MC3T3-E1 cells. The active factor was impermeable to an ultrafiltration membrane, and sedimented by ultracentrifugation. The sedimented factor was found as a needle-like structure about 1.3 microm in average length as observed by transmission electron microscopy. The factor contained type I collagen, suggesting not a matrix vesicle, but a soluble matrix. The mineralization-inducing activity was also detected in CM from primary culture of rat calvaria (RC) cells. These results suggested that the soluble matrices from osteoblastic cells serve, at least in part, as differentiation-inducing agents.

キーワード 推奨
  1. (英) Animals
  2. (英) Calcification, Physiologic
  3. (英) Cell Line
  4. (英) Collagen Type I
  5. (英) Dental Pulp
  6. (英) Extracellular Matrix
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 細胞外マトリックス (extracellular matrix)
  7. (英) Extracellular Matrix Proteins
  8. (英) Osteoblasts
  9. (英) Osteogenesis
  10. (英) Rats
  11. (英) Skull
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 頭蓋底手術 (skull base surgery)
発行所 推奨
誌名 必須 The Journal of Medical Investigation : JMI([徳島大学.医学部])
(pISSN: 1343-1420, eISSN: 1349-6867)
ISSN 任意 1343-1420
ISSN: 1343-1420 (pISSN: 1343-1420, eISSN: 1349-6867)
Title: The journal of medical investigation : JMI
Title(ISO): J. Med. Invest.
Supplier: 徳島大学
Publisher: Tokushima Daigaku Igakubu
 (NLM Catalog  (Webcat Plus  (医中誌Web  (J-STAGE  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 53
必須 3-4
必須 297 302
都市 任意
年月日 必須 2006年 8月 初日
URL 任意 http://www.jstage.jst.go.jp/article/jmi/53/3,4/53_297/_article
DOI 任意 10.2152/jmi.53.297    (→Scopusで検索)
PMID 任意 16953068    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
機関リポジトリ 110826
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.Affiliation: Department of Molecular Biology, The University of Tokushima Graduate School.

  2. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article